【スカイスキャナーで比較検索】シンガポール航空キャンペーン発見。クアラルンプール発シンガポール往復が安い。マレーシア・プロモーション Singapore Airline Promotions from Kuala Lumpur

シンガポール航空クアラルンプールプロモーション

スポンサーリンク

マレーシアからクアラルンプールまでの移動を考えていたところ。

なんとシンガポール航空で格安、1万円以下のチケットが販売されていて即予約しました。

ブログ上では話しが前後してしまいますが、今度の8月旅行でクアラルンプールとシンガポールで遊ぼうと思っていました。

予定では、羽田からクアラルンプールに入って、そのままシンガポールへ。

シンガポールで観光したらクアラルンプールに戻り、クアラルンプールから羽田へ。

そこで、クアラルンプール・シンガポール間をどうやって移動しようか考えてました。

バスも面白いと考えていたのですが、1日移動。お尻崩壊確定ですし、短期間の旅行なので時間が勿体無い。

そこでスカイスキャナーで飛行機を毎日検索・・・検索。

クアラルンプール・シンガポールはとても沢山の飛行機が飛んでいます。

マレーシア航空・シンガポール航空やエアアジア等のLCC。

料金で選ぶなら当然LCC。往復しても1万円かかりません。

それが、シンガポール航空で格安プロモーション、1万円以下のチケット本日7/28から販売されていて即予約しました。

ちょっと制限は有りましたが、ココで予約内容・方法を紹介したいと思います。

マレーシア発券のチケットですが、日本のページから予約できます。

スポンサーリンク

チケット比較検索

スカイスキャナーで検索してみます。基本航空券はスカイスキャナーで検索が分かりやすいですね。

航空券比較サイトスカイスキャナーはコチラ

検索条件

スカイスキャナーで比較検索する条件はコチラ。

往路:クアラルンプールからシンガポールはAM10時まで。

復路:シンガポールからクアラルンプールはPM4時からPM6じの間。

羽田からクアラルンプールに到着するのがAM6時なので、往路は出来れば8時位には移動したいのですが、料金によっては10時まで待ちます。

シンガポールからクアラルンプールは、クアラルンプールに到着してからホテルに移動するので、ホテル着をPM8時迄にしたい。

この条件で検索してみます。

検索結果

スカイスキャナーでの検索結果ですが、

LCCのエアアジア等の組み合わせでが9500円前後。

マレーシア航空・シンガポール航空で18000円~19000円ほど。

預け入れ荷物が有りますので、LCCだと往復追加料金がかかります。込み込み15000円程になる計算。

うーん、3500円位の差ならFSCのマレーシア航空・シンガポール航空で良いかな?JGC・SFC持っているし、でも1時間位のフライトだから

3500円節約したほうが良いのでは?

と、悩んで時間が過ぎ、本日再検索すると。

なんとシンガポール航空での往復で1万円切っているではないですか!!

クアラルンプールシンガポール間 スカイスキャナー検索画面

一瞬見間違いかと思い再検索。それでも気になってシンガポール航空公式サイトに移動して検索したのですが、こちらでも1万円切っています。

スカイスキャナーの同条件検索での最安値はLCCのエアアジアになっていますが、荷物預け入れ追加料金を考えると、シンガポール航空が最安となります。

エアアジアもクアラルンプール到着を20時過ぎまで許せば8873円で有るのですが、それでも荷物のことを考えるとシンガポール航空のキャンペーンのほうがトータルで最安です。

スポンサーリンク

シンガポール航空チケット購入

スカイスキャナーで検索確認後シンガポール航空のサイトに移動し、チケットを購入します。

航空券比較サイトスカイスキャナーはコチラ

シンガポール航空にした理由

ANAをメインに利用しているので同じスターアライアンスのシンガポール航空ですと何かと便利だから。

  1. 羽田からシンガポールまでバゲッジスルー(羽田ークアラルンプールーシンガポール)も確実。
  2. 通しのチケット(羽田で、シンガポール航空のクアラルンプール・シンガポール間のチケットも発券可能)を出していただけるので、クアラルンプールで乗り換えチケットを発券しなくて良い。
  3. そして、スターアライアンスゴールド保持者ですのでシンガポール航空やスターアライアンスのラウンジが利用できるので、空港待ち時間が楽。
  4. LCCでは無いのでターミナルの移動が無い(クアラルンプールではLCCは別ターミナルになるため、ANAやJALのFSCからですと入国して移動、更に出国と言う手間がかかる)

値段も安いし、全てにおいて他の航空会社を選ぶ理由が有りません。

マレーシアのページでもクアラルンプールプロモーション発見

シンガポール航空クアラルンプールプロモーション

シンガポール航空の日本ページでは見つけられなかったのですが、

マレーシアのページに切り替えると、この料金が適用されるキャンペーンが記載されていました。

英語をグーグル翻訳しただけなので、詳細はシンガポール航空マレーシアページでご確認ください。

運賃条件

  • 2018年8月15日までに予約する
  • 最小乗客は、1人
  • 旅程の変更料金が適用されます
  • キャンセル/払い戻し払い戻しなし
  • 最低滞在日数1
  • 最大滞在1ヶ月
  • 事前購入3

有効なフライト

この運賃契約の利用可能性は、飛行出発時間に基づいています。

有効なアウトバウンドフライト
SQ117(MI5817)、SQ119(MI5819)、MI327(SQ5117)、MI329(SQ5429)、MI339(SQ5329)、MI341(SQ5341)
有効な着信フライト
SQ / MIフライトで有効

クリスフライヤー

  • クリスフライヤーマイルを獲得できます 
  • クリスフライヤーマイルでアップグレードすることはできません 

旅行期間

アウトバウンド旅行期間
2018年7月28日〜2018年12月31日
旅行完了日
Thu 2019年1月31日

旅程の変更

変更料金:USD50が適用されます

キャンセル/払い戻し

キャンセルは許可されていません。ショー手数料100ドルが適用されます。

その他の条件

1.表示されているすべての金額には、通貨変動の影響を受ける2018年7月5日時点の正しい税金、保険料、燃油特別付加税が含まれています。
2.予約時に提示された運賃には、最新のレベルが反映されます。
3.座席を占有している同伴の小児/幼児は、該当する大人運賃の100%を受け取ります。
4.無伴奏の小児/小人はこのプロモーションには適用されません
。5.座席を占有していない幼児は、このプロモーションには適用されません。6
.出発3日前に事前購入が必要です。
7.その他の条件が適用されます。

特別な条件

オープンジョーは許可されていません。

ここまでグーグル翻訳です。

これを見ると、今日7月28日から販売のようです。どうりで一昨日見たときは高かったはずです。

運が良かった!!

他にもプロモーションが有りました。気になる方は調べてみては如何でしょうか。

シンガポール航空 プロモーション

8月のお盆期間の料金

もしかして、たまたま安い日に当たったのかな?と、数日間の料金を見ました。

シンガポール航空数日間の料金

お盆期間の両国移動料金をみても格安のままです。よく考えればマレーシアやシンガポールにはお盆有りませんもんね(^_^;)

このくらいの値段でしたら、クアラルンプールかシンガポールを拠点に、どちらかの国に遊びに行けちゃいます。

チケット予約

シンガポール航空のトップ画面。こちらで

  1. 出発地・到着地
  2. 往復の日程
  3. 予約クラス
  4. 利用者人数

以上を入力。

航空券比較サイトスカイスキャナーはコチラ

ここでは、ワタシが予約した。クアラルンプール・シンガポール間。エコノミー。大人1人で案内させていただきます。

入力したら検索をクリック。

シンガポール航空サイトトップ画面

往路指定画面

検索結果が表示されます。

料金で並べ替えてみました。

プロモーション条件でも有りましたように、お得な料金は指定便のみとなります。

朝の2便のみです。

ワタシは朝の便が利用したかったのでプロモーションが使えました。

シンガポール航空往路便画面

SQ5315便をクリックします。

シルクエアーとの共同運航のようです。

運賃規約を見ます。

  1. チケット種別・エコノミーLITE
  2. 手荷物:30kg
  3. 予約時の座席指定:40.60リンギットより
  4. クリスフライヤーマイルの獲得:50%(ANAに加算できる料金クラスでは無いのでご注意)
  5. マイルでアップグレード:バツ
  6. 取り消し・払い戻し:バツ
  7. 予約の変更:203.10リンギット
シンガポール航空往路指定画面

安いなりに条件が有りますが、LCCは同じ料金で手荷物が有料ですので、いかに料金が安いかわかると思います。

エコノミーLITEの選択をクリックしますと復路の選択画面になります。

復路指定画面

往路を決めたら、復路の画面になります。

こちらはプロモーション対象便多いですね。

早朝深夜お昼以外は?対象のようです。

シンガポール航空復路画面

SQ118便を指定します。

こちらもエコノミーLITEの選択をクリックし、往復決定です。

シンガポール航空復路指定画面

往復予約便確認画面

往復の予約便を確認します。

ココではお盆最中の日程で検索してみました。

内容で間違えが無ければ続行をクリックします。

シンガポール航空往復確認画面

搭乗者情報入力

次に搭乗者情報を登録します。

シンガポール航空個人情報入力画面

搭乗者を登録しクレジットカードで支払い希望でしたら、カード番号を入力し、支払いが完了したら。

無事チケット購入が終わりました。

予約完了

支払いが終わると予約確認画面になりますので、こちらでも再度確認してください。

航空券比較サイトスカイスキャナーはコチラ

ここで、予約番号が表示されますのでメモを忘れずに。スクリーンショットの方がメモ間違えが無くオススメです。

また、この画面からeチケットの印刷が可能ですので、印刷しておくと更に安心です。

予約メール確認

登録しましたメールアドレスに予約確認が来ますので、必ず目を通してください。

「Your booking confirmation 予約番号6桁」の件名でメールが届きます。

もし、予約確認メールが来なければ、メールアドレス登録間違えか着信拒否設定が考えられます。

このようなことが有っても良いように、先ほどの予約完了画面で予約番号のメモとeチケットの印刷をオススメします。

予約番号とパスポートが有れば何とかなりますので予約番号は忘れずに。

有料座席指定

このエコノミーLITEは価格を下げるためか、座席指定が有料となっています。

どのような料金体系か調べます。

予約番号から検索しますと、予約した便が表示され、「座席の選択」項目が有りますので、そちらをクリック。

こちらが座席指定画面です。

座席指定料金
  • 標準座席:21リンギット
  • 前方エリアの座席:33リンギット
  • ストレッチシート:102リンギット

ストレッチシートは非常口前席のようです。

シンガポール航空有料座席指定画面

座席を選んでみると、その座席の指定料金が表示されますので、料金と相談。

ワタシは1人で1時間位のフライトですし、どの席でも良かったので指定無しの基本料金で乗ってみます(^_^;)

シンガポール航空有料座席指定料金

日本のページから予約できますので、日本語表示のまま予約完了まで進めますし、途中の表示も日本語ですので、

クレジットカード支払いなどの入力も安心できます。

これで、シンガポール航空のクアラルンプールプロモーション「エコノミーLITE」の予約は完了です。

スポンサーリンク

おわりに

まさか当日その日にプロモーションが始まっているとは思いませんでした。思わぬ格安で移動でき、とても満足です。

スカイスキャナーなどでのチケット比較サイトは都度検索する大事さをあらためて感じました。

航空券比較サイトスカイスキャナーはコチラ

昨日の情報が今日通じない。情報ってとても大事です。

この航空券を利用したシンガポール旅行ではヒルトンのベストレート保証適用成功で宿泊料金が約半額になりましたし、何かと運がいい。

【約半額】ヒルトン・ベストレート保証成功方法紹介!!裏技?宿泊予約・比較・申請手続き・適用まで。(Hilton Hotel Best Price claim)

2018.07.26

これからももっと色々な場所や情報などを調べチャレンジしたいなと思ってます。

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください