国内初・ダブルツリー・ リゾート by ヒルトン沖縄北谷誕生。ヒルトン北谷の目の前。

スポンサーリンク

1/13にヒルトン北谷に宿泊したのですが(追って記事を書きます)

そのとき、目の前に見えた工事中の建物。

ダブルツリー北谷がヒルトンに隣接する空き地に建つ事は分かっていましたが、ココまで隣接するとは・・・。

何時出来るのだろうなーと思っていたら、

細かい発表は既に有ったのですね。

スポンサーリンク

ダブルツリー・リゾート by ヒルトン沖縄北谷

オリックス不動産株式会社からの発表から抜粋です。

オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:高橋 豊典、以下「オリックス不
動産」)は、2016 年 11 月 4 日に建築工事に着手した沖縄県中頭郡北谷町におけるホテル開
発事業について、ホテルの運営業務委託先をヒルトン(本社:米国ヴァージニア州マクリ
ーン、取締役社長兼最高経営責任者:クリストファ・J・ナセッタ)とし、ヒルトンが展
開するダブルツリー・ブランドの中では国内初となるリゾートブランド、「ダブルツリー・
リゾート by ヒルトン沖縄北谷」として 2018 年夏の開業を目指すことを決定しましたので
お知らせします。

ヒルトン北谷と同じオリックス不動産(正式には子会社の北谷ホテルアンドリゾート)からの運営委託なので、

ヒルトンとココまで隣接していても大丈夫なのでしょうね。

運営会社が違っていたらどのようなことになっていたか・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ホテル概要

外観 (イメージ)

【ダブルツリー・リゾート by ヒルトン沖縄北谷事業概要】
■所 在 地:沖縄県中頭郡北谷町字美浜 43 番、47 番(地番)
■交 通:那覇空港より車で約 40 分
■敷地面 積:11,397.07 ㎡(3,447.61 坪)
■延床面 積:11,058.61 ㎡(3,345.23 坪)
■建物規 模:地上 5 階
■客 室 数:160 室(予定)
■館内施 設:屋外プール(2ヶ所)、レストラン(1ヶ所)、ルーフトップバー
■構 造:RC 造
■設計施 工:株式会社大林組
■デザイン監修:光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所株式会社
■運営業 務:ヒルトン・ワールドワイド
■今後の予定
・2016 年 11 月 着工
・2018 年 春 竣工予定
・2018 年 夏 開業予定

ルーフトップバーは魅力的!!

ヒルトンの部屋付けも出来るなら(運営が同じため)これは良いですね。

ヒルトン北谷はラウンジが山側に有るので、このバーが使えるととても助かります。

もし、エグゼラウンジとして使えるなら・・・ぐふふふ。

所在地

・ダブルツリー・リゾート by ヒルトン沖縄北谷計画地 位置図

赤いところが新しく出来るダブルツリー北谷。(以前は社員さんの駐車場等でしたね)

グレーのところが以前から有るヒルトン北谷。

うーん。ヒルトンの見晴らし、どうなるのだろう??

前向きな考えとすれば、ライバルホテル会社にココに建てられるなら、自分たちで建ててしまえ!!

って感じなのでしょうか。

そう思うと。もし、ライバルホテル会社がここに建てた場合、ヒルトン北谷の損失は計り知れないですね。

ふむふむ。あれ?そうすると、コレでアリなのかも?

スポンサーリンク

予約受付

宿泊の予約はすでに受け付けています。

強気?の宿泊料金

驚いたのがコチラ。

9月8-9日の宿泊料金。

築年数は違うのですが、ヒルトンより強気の値段を付けるとは!!

ダブルツリーはヒルトンのちょっとカジュアルな位置づけと思っていましたが、

ダブルツリー・リゾートは違うのでしょうか?

この値段設定がどう出るか楽しみです。

スポンサーリンク

終わりに

去年から出来ることは分かっていましたが、実際現物としてみると、実感がわいてきますね。

オープンしましたら是非宿泊しないと!!

財力と仕事スケジュールが許されるならヒルトンとハシゴしますw

 

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です