チャンギ空港 出国

スポンサーリンク

通常はカウンターでチェックイン手続きするのだが、
ビジネスクラスなのでプレミアチェックインラウンジで座りながらチェックイン出来るのだ。

飲み物も用意され、荷物もソコで預けられ、イスに座りながら手続きしていると。

ふむふむ何なに?
え?荷物は関空までスルーじゃないの?
え?北京と上海両方とも自分で荷物受け取って搭乗手続きするの!?

分かっちゃいたが本当だった。
値段考えれば許せるな>CA
ラウンジを出るとそこは出国手続きゲート。

今回の旅で初めてビジネスを使ったが、エコノミーとコレほどまで待遇が違うとは思わなかった。
中国国際空港のビジネスクラス。

値段が安く機材もちょっと年期入っていますが、ビジネスクラスで得られるサービスは素晴らしい。
優先搭乗・ラウンジサービス・プレミアチェックイン・荷物制限優遇。もちろん機内でのおもてなしも。

格安航空券での旅行も素晴らしいが、こういう旅行も素晴らしい。

さて、話しを戻し出国手続きだが後輩がまたやってくれた。
入国手続きした半券をなくしたらしい。
はい、別窓口へガードマンがご同行。最後までやってくれるぜ後輩・・・・・・

Img_20120103_212200

ゲート通過した場所で暫く待つと後輩到着。とっても謝ってます私に(笑)。

未だ時間が有るため、iphoneをみにショップに行くが完売。
中で他の見てましたが短時間にいろんな人が「iphone有るか?」と聞いてくる。
凄いな。

お腹も空いてきたのでラウンジに移動します。
ラウンジはSATSラウンジ。
中に入り先ずはビール

Img_20120103_224403

冷えてねぇ~。

しょうがないのでグラスに氷を入れてビールを飲みます。まあOKかな。
思わぬ収穫なんですが、ラウンジで食べたチキンライスが美味しいんだ。
思わずお代わりしてしまったぐらい。本当に美味しかった。

お腹も膨れてもう一杯行ってたのですが、シャワー浴びるの忘れてた。
もう夜だし、次に風呂は入れるのは日本に帰ってからだ。
早速持ってきたタオル片手にトイレへ。

ええ、トイレ自体が個室になっておりシャワーブースとセットなのだ。

ドア→洗面所→便器→シャワーブース。というセットの個室。

2012010400042720120104_000427 2012010400041520120104_000415

サクッとシャワー浴びたら、食事セットしたりしてた世話好きオバちゃんが

「あっちにマッサージ有るから使って良いよ」と笑顔でオススメしてくれた。

このオバちゃん。とっても親切で食事も

「今新しいの持ってくるからまってな(後輩談)」とか、
「チャイニーズ?(またか!)」
「日本人だよ」
「そうか日本人か、ニコニコ」
「飲み物有るよ」とか
とにかく親切。

おかげで呑みすぎ食べすぎになったけど、心地よく居られました。
有難う。シンガポールのオバちゃん。

そんな居心地良すぎて、搭乗案内が聞こえず(酔いすぎ?)
気が付いたらファイナルコール。

さあダッシュ!!

しかもラウンジから搭乗ゲートが遠いんだよ。
とにかくダッシュして、ゲートに着いたら乗客誰も居ない(汗)
カウンターのお姉さんにチケットを見せ、

お姉さん:「さいちぇん(笑顔で手を振りながら)」
だから俺は日本人だってば。

そこから、パスポートが見えるように搭乗。
帰りはA330・シェルタイプのシートだ。

Img_20120104_011202

さて、後ろを見たら又後輩が居ない。

搭乗ゲートで荷物に反応が出て通してもらえなかったらしい。
何度通してもブ~ーーーという為、最後は目視でOK?

とにかく無事搭乗できて北京へ向うのでした。

搭乗時に配られたアメニティ
「ロクシタン」

20120115174500nec_0027

シンガポール行きの時も貰いましたので、長距離でくれるのかな?

シートベルトサインが消えると直ぐに食事です。
搭乗時に食事の種類が聞かれチャイニーズヌードルにしていたのでワクワクです。
出てきた麺は美味しく具も美味しい。

Img_20120104_021747

付け合せの黄色いのと赤いのはビミョーで残しましたが口に合わなかっただけでしょう。

その後ワインをお代わりし、歯を磨いて爆睡なのでした。
Img_20120104_021244

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,035人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください