三井住友VISAタッチ決済カードに変更する方法・使い方を紹介。ANAビザ非搭載カードから交換する意味。2020年東京オリンピック前に用意しましょう。VISA Pay Wave(Contactless card)

VISAタッチ決済変更方法

スポンサーリンク

私がVISA(三井住友ANA VISAカード)を発券した時はごく普通のVISAカードでした。

VISAでタッチ決済が出来るようになり、ANA VISAカードでもタッチ決済搭載(非接触)カードとなっていたようで交換しました。

(VISA Pay Waveと同等の使い方ができます。)

2020年東京オリンピックに向けてVISAがCMをしているVISAタッチ。

ここでは、三井住友ページを引用しながら、私がタッチ決済非搭載から搭載カードに変更した方法・そして、タッチ決済使い方までの流れをご紹介します。

VISA タッチ決済

スポンサーリンク

Visaのタッチ決済とは?

まず最初にタッチ決済のご紹介

contactless-about-800x450

コンビニエンスストアやスーパーマーケットをはじめ、暮らしのさまざまなシーンで普及が進むタッチ決済。レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカード**をタッチするだけで、サインも暗証番号も不要*。スピーディーにお支払いが完了します。ご利用は、Visaのタッチ決済対応マークのある、全国の、そして世界のVisa加盟店で。世界基準のセキュリティ技術による「安心」も大切な特徴のひとつです。

*一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。
**非接触対応のVisaカードには、以下の非接触対応マークが記載されています。

 

*Visa payWaveが付いているカードは、Visaのタッチ決済に対応しています。

三井住友では以前Pay Wave として展開していましたが、現在は「タッチ決済」として展開しているようです。

ですのでカード面に「Pay Wave」の文字がない券面となります。

Pay Waveの文字がない券面でも、海外でのPay Wave端末で決済利用できます。(デスク確認済み)

メリット

便利でスピーディー

contactless-merit01-800x450

普段のお買い物がよりスピーディーに。現金よりもずっと速く、スマートにお支払いが完了します。

元々、日本の三井住友VISAはiD決済が搭載されていたのでこのメリットは追加という感じではしませんでした。

世界のVISAタッチ決済を追加搭載という感じです。

国内でも海外でも

contactless-merit02-800x450

店頭やレジに対応マークのあるVisa加盟店なら、国内でも海外でも同じように利用できます。(世界約200の国と地域で利用可能)ロンドンやミラノ等の交通機関でも利用可能。海外旅行のマストアイテムです。

これが今回私がタッチ決済可能カードに変更した理由です。マレーシアクアラルンープル国際空港から市内に走るKLIAエクスプレス。

こちらの決済がPay Waveに対応し改札口にタッチするだけで乗降が出来るので、チケット購入で悩む必要が有りません。

世界基準のセキュリティ

contactless-merit03-800x450

世界基準のセキュリティ技術(EMV)の採用により高度な安全性を実現。いつものVisaと同様に、安心してお買い物をお楽しみください。

暗証番号を入力しなくても決済できるので、不正利用の心配が減りそうです。

海外で利用する時、スキミングも心配ですが、暗証番号もあの手この手で盗まれてしまうので注意することが減るのは嬉しい。

私は海外で暗証番号入力する時、空いている手でキーを覆って隠しながら入力しています。(店員さんが後ろを向いても天井や後ろにカメラが有ったら丸見えなので)

ご利用方法

Visaのタッチ決済対応マークがあるVisa加盟店で、タッチするだけ。サインや暗証番号は不要。

先ほどの項目で記載したように、暗証番号入力不要はとても助かります。

:対応マークのVisa加盟店で

店頭やレジにVisaのタッチ決済対応マークのある、国内および海外のVisa加盟店でお使いいただけます。
タッチ決済手順1

 

:カードをタッチ

お支払いの際に、いつもの通り「Visaで!*」とお伝えください。リーダーのライトが光ったら、あとはカードをタッチするだけです。 *「Visaをタッチで」とお伝え頂く必要がある場合があります。

いつもの通り『VISAで!」とは言わないので(笑)、普通に「VISAタッチ決済で」って伝える必要が有るかもしれません。海外なら「VISA Pay Wave」って言えば良いのかも。

タッチ決済手順2

 

:お支払い完了

タッチしたらお支払いは完了。サインや暗証番号は不要*です。
*一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

タッチ決済手順3

以上の手順でタッチ決済で買い物ができます。

このマークが目印です。

日本では下記の店舗で利用できるようです。海外のpayWaveが使えるよう(インバウンド狙い)今後取り扱い店舗は増えていくでしょう。

タッチ決済取り扱い店舗
スポンサーリンク

ノーマルカードからタッチ決済掲載カードに交換する方法及びカード到着まで

次にカードを交換した方法と到着までをおしらせします。

VISAのQ&Aを見ると。

既にお持ちのVisaカード表面に非接触マークが記載されている場合は、Visaのタッチ決済のご利用が可能です。このマークが記載されたカードをお持ちでない場合、ご不明な点がある場合は、お持ちのVisaカード発行会社もしくは、銀行にお問い合わせください。

となっています。

デスクに電話で交換を申し出る

カード裏の電話番号に問い合わせし、「タッチ決済カードに交換したい」と申し出ます。

先方は慣れているようで一通りの質問の後タッチ決済カード発券となりました。

交換は無料

個人都合での交換でしたので有料も考えていたのですが、タッチ非掲載から掲載カードに変更だったためか無料でした。

(ANA VISAゴールドカードでは無料でしたが、これは券種によって違うかもしれません。)

発送から到着まで

電話して2日後に登録メールアドレスに発送連絡メールが来ました。

発送メール

新規発行では無いからか早い発送です。

そして、発送メールの翌日、タッチ決済搭載ANA VISAゴールドカードが手元に届きました。

カード確認・券面違い

見た感じ、電波マークが追加されただけと思ったのですが微妙に変更されています。

  1. 電波マークの追加
  2. ANA MILEAGE CLUB文字位置変更
  3. ICチップの形
  4. カード下面VISA文字のエッジカラー無し
  5. スターアライアンスゴールドマークが小さくなる

比べなければ分からない範囲です(笑)。

券面変更

カード番号変更無し

カード再発行などではカード番号が変わり、クレジットカード決済登録を全部変更しなくてはなりません。

これが本当に面倒。

しかし、今回の変更はカード番号変更無しでした。

もし、カード番号が変わるなら今回タッチ決済搭載カードに変更しなかったかもしれません。

以上、無事VISAタッチ決済カードに変更出来ました。

スポンサーリンク

海外クアラルンプールでVISAタッチ(Pay Wave)を利用してみました

KLIAエクスプレスで利用

早速クアラルンプールで利用してみました。結果から。とても簡単・無事利用できましたし凄いです。

動画はKLIAエクスプレス改札機ですが、カード交換後特に何か設定する訳でも無く、カードをかざすだけで利用できました。

素晴らしいです。

現地の案内表示は「Contactless cards」と書いてあり、コチラの部分にかざすだけです。

イメージ的には、交通系カードでの利用と同じように思っていただければOKです。

マレーシアのスーパーでもタッチ決済可能

別の機会にKLセントラル駅隣接のNuセントラル地下のスーパーでも利用してみました。

レジで支払い時、電波マークが書いてあったのでチャレンジ。

こんな感じにタッチすると。

contactless-merit03-800x450

無事決済できました。

タッチ決済ならカードを預ける必要も暗証番号を入れる必要もないので悪用されにくいです(盗まれたらダメです)。

スポンサーリンク

おわりに(まとめ)

カード番号の変更は有りませんし、到着したその日から新しいカードが利用できるので、気楽に交換できます。

そして、VISAの世界標準タッチ決済搭載となり、海外での利用がより一層楽になると思いますので、

非掲載カード所有の方は交換してみては如何でしょうか。

また、三井住友VISAカードが気になっている方は早めにお申し込みをオススメします。

クラシックカードなら初年度年会費無料ですし、利用条件によって継続年会費も無料です。

三井住友VISAカードは審査が慎重であるのは有名ですし、発券到着まで日数がかかります。(その分、発券された後の対応は良い)

旅行間際に申し込むと旅行に間に合わない可能性が有るので日数に余裕をもっての申し込みが良いです。

こんな記事も読まれています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,241人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください