ダブルツリークアラルンプール・1KING BED EXECUTIVE ROOM宿泊記4/14。ダイヤモンド修行9泊目double tree hilton Kuala Lumpur

廊下からの景色

スポンサーリンク

2017年に勢いでヒルトンダイヤモンド修行を始めてしまいましたが。

ヒルトンダイヤモンド修行。ヒルトンホテル宿泊・施設総集 hilton diamond (小田原・東京ベイ・成田)

2017.12.23

クアラルンプールで、ダブルツリーとヒルトンも利用しましたし、今年も勢いで始めてしまいました。

ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール。宿泊記・行き方。総集。

2018.01.28

ヒルトンクアラルンプール。宿泊記・アクセス総集。hilton Kuala Lumpur

2018.02.07

というのも、ラウンジが利用できると、思っていた以上に快適だということが分かってしまたのと。

コストパフォーマンスも良いのです。

ということで、今年もヒルトン宿泊記、を続けたいと思います。

今回(も?)、ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール宿泊記お届けします。

スポンサーリンク

ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール

焼きたてのクッキーと、マレーシアならではの心のこもったおもてなしでお客様をお迎えする、ダブルツリーbyヒルトン・クアラルンプール。マレーシアの首都、クアラルンプールの中心部という絶好のロケーションを誇ります。オフィスビルやショッピングモールが同じ「ザ・インターマーク」内にあり、ペトロナス・ツインタワーやクアラルンプール・コンベンションセンターにも徒歩10分です。この街の観光名所や、周辺のオフィスへの無料シャトルバスもご利用いただけます。屋内連絡通路を使えば、アンパンパークLRTメトロ駅にもわずか5分の距離です。

アクセス

最寄りの駅はLRT5番線のアンパンパーク(KJ9)駅です。

空港からの行き方はコチラ。

KLIAエクスプレス。マスターカードで20%引き。お得に切符買い方・乗り方。(片道・往復)クアラルンプール空港からKLセントラル駅までの行き方 masterCard KLIA EkspresクアラルンプールKuala Lumpur

2018.05.05

ダブルツリークアラルンプールへの行き方。KLセントラル駅からアンパンパーク駅まで。 KL SENTRAL Ampang Park

2018.05.03

ダブルツリークアラルンプールにアンパンパーク駅から簡単に行く方法(動画付)。雨に濡れない&女性も安心。 ampang park double tree Kuala Lumpur route

2018.01.03
スポンサーリンク

ダブルツリークアラルンプール予約

もうなれたもので(といっても2度目ですがw)

1キングベッドゲストルーム予約。

アジアパシフィックセールを利用し、一番安い部屋。

1キングベットゲストルームを予約。

アップグレード

アップグレードされるかどうかそわそわしていたのですが、当日アプリで確認するとアップグレードされていました。

アップグレード

1キングベッドエグゼクティブルームです。

ダイヤモンド会員だと最安の部屋を予約しても基本この部屋にはアップグレードしてくれるように感じます。

スポンサーリンク

チェックイン

ホテルまでに、行き方を覚えてしまえば簡単です。

06時にクアラルンプール国際空港に到着し、少し時間を潰してからホテルに向かったのですが、それでも8時半ごろには

到着してしまいました。

だめもとでチェックイン聞いてみたら、なんとチェックインOKとのこと、ありがとうございます。

支払いは日本円かリンギットか?。観光税が10RMかかります。コレくらいしか気にすることは無く、後は普通の受け答えです。

意味分かってないのですが、多分そんなかんじ。でチェックイン。

読者様からの質問まで当たり前だと思って気にしていなかったのですが、

デポジットを求められます。私はいつもクレジットカードを登録して頂いたので気にしていませんでした。

よく、現金をデポジットにする場合、結構高額を要求されるとの噂は見ますが、実際に現金ならどのくらいリンギッド要求されるのだろう。

話は変わり、チェックインが朝食時間帯だったためか、朝ごはんを頂きました。

到着時も朝食頂いちゃいました。 甘いものも美味しいです。

朝食代請求されるだろうなと思っていましたが、請求されなかった。おもてなしに感動。(部屋番号もちゃんと確認していたし請求忘れただけかもw)

このとき、撮影し残していた中華コーナーの写真をパシャリ。

これにて全メニュー撮影完了。

2924号室1キングベッドエグゼクティブルーム

エレベーターに乗り29階に移動します。

エレベーターはルームキーをかざさないと階数指定が出来ませんので外部から人が入りにくいようになっています。

エレベーター 2924号室

部屋レイアウト

では、部屋に入ります。

前回と違って太陽が昇っているので部屋がさわやかに感じる!!

入り口ドアから

入り口ドアから

ベッドルーム

ベッドルーム

窓側からのベッドルーム

窓側からベッドルーム

今回も良くあるお風呂スケスケ仕様です。

ちなみに夜の雰囲気はコチラ。

部屋テーブルの下です。

開けると冷蔵庫とグラス等が用意されています。

電気ポット

ポット前の蓋を開けるとコーヒーなどが用意されています。

ベッドサイドにはミネラルウォーターは2本サービス、

バスルーム

トイレとシャワールーム

バスタブは無くシャワーブースのみです。

洗面所

アメニティはヒルトン共通の物です。日本でも同じです。

クアラルンプールのヒルトンとダブルツリーで用意されている歯ブラシが何気に気に入っています。

柄のしなりが絶妙で磨きやすい。あまった歯ブラシは頂いてます(^_^;)

クローゼット

左手鏡の所が扉になっています。

開けると・・・。

セーフティボックス

下の引き出しには洗濯用袋と、ドライヤー。

写真にはありませんが右手がクローゼットになっています。

ウェルカムスイーツ

ダイエットの敵ですが(笑)、コチラです。

今回写真を撮り忘れて前回の写真で失礼します。

お菓子は見たとおり、とっても甘くてほとんど食べられませんでしたが、フルーツは美味しく頂きました。

部屋からの景色

窓から外はこんな感じです。

部屋からの景色

朝早いからか、まだなんとなく、空気が重そうです。

部屋の外の廊下からの景色はコチラ。

廊下からの景色

きょうは天気が良かったのでツインタワーがバッチリ見えます。

このあと、ちょっと失敗がありまして服を洗濯。

ホテルで選択

深夜便で到着し、朝ごはんを頂いて、快適なベッド・・・・・。はい。結構ガッツリお昼寝?してしまった。

機嫌よく目覚め、ホテルが入っているビルの地下に買い物をしにいき、ちょっと仕事していたら夕方。

地下のショッピングセンターはお値段は置いといて、日本食や調味料の種類が豊富ですし、お酒も販売しています。

売っているビールは冷えていませんので、直ぐ部屋の冷蔵庫で冷やしましょう!!出かける前にビールを冷やすのを忘れずに!!

ダブルツリー滞在時助かります。

スポンサーリンク

イブニングカクテル

クラルンプールのダブルツリーにはエグゼクティブラウンジが有り、対象者は利用することが出来ます。

コチラは、17時からカクテルタイムが有り、お酒も提供されます。

お酒が日本ほど手に入らないので、こういうサービスはありがたいです。

色々なドリンクが冷やされていますが、タイガービールしか目に入りません。

イブニングカクテル。ビールが有ります。

数種類のスイーツ

イブニングカクテル スイーツ

ホットミールです。

コチラはシュウマイ

イブニングカクテル シュウマイ

トマトのペンネ

イブニングカクテル ペンネ

パイ(具が何かは忘れました)

パイ

各種フルーツ

フルーツ イブニングカクテル・フルーツ

他にもサンドイッチやサラダ、チップスが有ります。

もっと沢山写真を撮りたいのですが、人も沢山居ますので人が居るコーナーは遠慮しています。

では頂きます。

暑い国に居るからか、ビールが最高に美味しい。

イブニングカクテル食事

いい気分で部屋に帰り

夜のヤクルト

食後はもちろんヤクルトです。

ヤクルトは地下のショッピングセンターで購入できます。

ヤクルトは現地生産?だからなのか高くないです。味は日本で飲むヤクルトとまったく同じ。安心してください。

(よく、日本生産と現地生産の味が違ったりするのでドキドキして購入しました)

この後、スーパーで買ったビールを飲み、いい感じに酔っ払い、部屋でテレビ見ながら就寝・・・zzzzz

スポンサーリンク

朝食

おはようございます。

まずは朝のヤクルトから

朝のヤクルト

もう、お腹の味方無しに旅行が出来なくなってます。

ヤクルトを飲み、朝食会場「macan」に向かいます。

レイアウトが大体分かり、食べたい食事を食べたいだけ盛りますが、なんか同じ様なものしか選んでませんね(^_^;)

ダブルツリークアラルンプールの4/15朝食

この、自分で具を選んで、作っていただくヌードルはとても気に入っています。

スープの味は「チキン」を選んでいるのですが、日本人の口に合うと思います。

具は野菜を多めに選び、トッピングはフライドオニオンをタップリ。

フライドオニオンがふやけて来たら混ぜ混ぜして食べる。とっても美味しいです。

スポンサーリンク

おわりに

羽田深夜便で飛んで、クアラルンプール空港からホテル到着まで移動。朝早かったのにチェックインさせていただいて助かりました。

ただ、繁忙期どうなるか気になります。

このチェックインまでをどう過ごすか考えなければいけませんね。

とても良いホテルです。次のクアラルンプール滞在の予約も入れてあります。

次は、ダブルツリーとヒルトンのホッピング宿泊になります。

全メニュー紹介:ダブルツリークアラルンプール・朝食バイキング(ビュッフェ)。種類豊富で美味しい。double tree Kuala Lumpur

2018.04.14

ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール。宿泊記・行き方。総集。

2018.01.28

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください