ポルシェDIYバッテリー交換。981ボクスター作業を写真で紹介

スポンサーリンク

ポルシェ981ボクスターのバッテリーを自分で交換する内容を紹介します。工具とコツが分かれば自分で作業可能。

私がDIYで交換した内容を写真を添えて、必要工具などもお知らせします。

スポンサーリンク




ポルシェ(981ボクスター)バッテリー交換の流れ・使用工具

バッテリー交換は工具と手順さえ理解できれば作業が出来ます。

使用工具はコチラ

ラチェットエクステンション・11ミリ・13ミリ工具(メガネ・ラチェット)・バッテリーブースター。交換バッテリー。ティッシュ。それと鍵。

工具は11ミリ13ミリというサイズなのでご注意。

これらはアストロプロダクツで揃えています。アストロプロダクツオリジナルも有りますし、オリジナルはお得で助かります。

工具からブースターその他色々揃えています。

利用バッテリーは社外を選択

なかなか乗る機会がなくバッテリーを上げ気味な方が、都度純正のバッテリーをPC(ポルシェセンター)で交換するにはちょっとお財布が心配。

それより、バッテリーが上がってはディーラーに行くことができません。

そこで、社外バッテリーをネットで安く購入して交換出来れば、気軽に?バッテリー上がりで交換できちゃいます。

型式で選べば大丈夫

型式さえ合っていれば社外バッテリーでも利用可能です。

純正の型式がBOSCH ボッシュ「BLA-70-L3」

こちらの互換でしたら交換可能です。

今回利用したバッテリーはコチラ・バッテリー無料回収券付き

利用したバッテリーはコチラ。ネットで安く購入できます。

しかもバッテリー回収が無料。バッテリー処分って一般人だと結構難しいのでこういうサービスは助かります。

バッテリーアクセス方法

911やケイマン・ポクスターはフロントトランク内にバッテリーが入っています。

そして、そのトランクは電気で開くようになっている為、バッテリーが上がっていると開きません。そのためのアクセス方法があります。

室内のとある場所から電気を流しフロントトランクを開けるのです。

ドアの開け方

まずドアを開けます。コチラはリモコンキーに刺さっているメカニカルキーを外します。

このようにキーが隠れています。

この鍵でドアを開けます。

ドアノブを引くと裏に鍵穴が有るので、コチラにさしてドアを開けます。

フロントトランクの開け方

ドアを開けたらトランクを開けるため外部バッテリーをつなぎます。その場所はヒューズボックス。

車内ヒューズボックスアクセス

右ハンドル左ハンドルで違うかと思いますが、右ハンドルを例にします。

ドアを開けたら運転席足元のヒューズボックスを開けます。

こちらに外部から電源に繋げるのです。

ヒューズボックスに付属している黄色い道具でオレンジの端子を引っ張り出し、こちらにプラスを接続。

ドアのヒンジにマイナスを接続します。

こんな感じです。

外部バッテリーはこんな感じ。

これで車に電気が供給されます。火花が飛ぶ場合があるので、最後の接続はボディー側のマイナス(ドアヒンジ)になります。

キーリモコンで開ける

通電したらトランクを開けます。この時、リモコンを利用してフロントトランクを開けます。ドア部分にも電気オープーナーが有りますが、こちらは負荷が大きいためか動作しません。必ずリモコンで開けましょう(このことは取扱い説明書にも記載されています)

ここはダメ。

リモコンで開けます。

内装の外し方

無事フロントトランクが開きました。(数ヶ月ぶりに開けたから汚い)

トランク内装剥がれはポルシェの仕様です(^◇^;)

バッテリー交換方法

これでバッテリー交換作業ができます。

その前に内装を剥がしましょう。

内装剥がしは簡単

この黒いカバーの下にバッテリーが有ります。

外し方は簡単。

こちらの引っかける部分に指を引っ掛け、バリッと持ち上げる。

はい。剥がれました。

反対側も指を引っ掛け。

バリッと。はい。剥がれました。

両方剥がれたら手前に引っ張ればカバーが取れます。ここにバッテリーがあります。

配線外し手順

あとはバッテリーを外すだけ。

配線を外しましょう。バッテリー端子のボルトサイズは11ミリあまり有るサイズではないのでご注意。

マイナス側端子から外します。

(以前、社外バッテリーに交換していたのでコチラも社外品です)

緩めるだけで良いのですぐ外せます。

次にプラス側端子を外します。コチラも11ミリです。

外れました。(手が汚れています)

バッテリー端子を外したら、次にバッテリー固定ステーを外します。

こちらは13ミリ。

狭いのでボルトを落とさないことに重点をおいてください。

この奥のボルトも外します。

これです。コチラも13ミリです。

奥まっているのでエクステンションを利用します。

外れたボルトや工具はフロントトランク内に置けば無くさないです。

工具利用のちょっとしたコツ

奥まったボルトを外す時、落としてしまう心配があります。そういう時はコチラ。

ソケットにティッシュをちょっと詰めるとボルトが外れにくくなり

落ちないで外せます。

コチラにもバッテリーを押さえるステーがありますので外します。13ミリです。

外れました。

これでバッテリーが外せます。結構重いのでご注意。

バッテリーを交換する時はフロントトランクに入りましょう

はい。トランクに入ると作業が楽です。人間がトランクに入ったくらいでは全然平気。

入れば筋力だけでバッテリーが持ち上げられますし、バンパーに腰掛けてボルトの外しや締め作業ができます。

あとは取り外した作業と反対の作業をすれば終わり。プラス端子から嵌めてマイナス端子を取り付ければ終わりです。

最後にもう一度各ボルトの締め付け確認をしましょう、

無事電気が通りました。

イグニッションキーをひねると一発始動。スポーツエキゾーストの音でワクワクします。

ポルシェスポーツエキゾースト個人輸入通販&後付けまとめ。981ボクスターPSE porsche sports exhaust

2017年6月2日

ウィンドーの初期化

バッテリーを外したためウィンドーの初期化が必要です。

エンジンをかけたままドアを閉めます。

ドアを閉め、ウィンドウを閉めたあと、閉める側にスイッチを引っ張る。

そのあと、ウィンドーを開け、スイッチを開ける方向に押す。

これで初期化完了です。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク

おわりに(まとめ)

バッテリー交換作業ですがいかがでしょうか。11ミリ13ミリなど普段使わない工具とちょっと手順がありますが、特別難しい作業ではないです。

自分で出来るようになればバッテリー上がりを心配しなくて済みます。(出来れば上がらないように乗るのが良いのですが)

ちょっと考えるだけで色々お得にポルシェの維持が可能です。

ポルシェ 981 ボクスター

ポルシェの自動車保険料は高くない!981ボクスター車両保険込価格公開。お得に加入する方法も紹介。外車購入予定の方必見。自動車保険一括見積もりはこんなに簡単。

2018年8月4日

【ユーザー車検】ポルシェの車検費用は高くない!981ボクスター、とても簡単ユーザー車検体験記。購入予定の方必見。

2019年7月17日

こんな記事も読まれています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,692人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

情報だけ呟いているアカウントはコチラ。ブログ記事に書かない程度の情報や、各種キャンペーン随時展開(クーポン復活など)に特化してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください