ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール。1KING BED EXECUTIVE ROOMラマダン時期宿泊記5/19。エグゼクティブラウンジ朝食・ダイヤモンド修行13滞在目double tree hilton Kuala Lumpur エグゼクティブ・ルーム

スポンサーリンク

2017年に勢いでヒルトンダイヤモンド修行を始めてしまいましたが。

ヒルトンダイヤモンド修行。ヒルトンホテル宿泊・施設総集 hilton diamond (小田原・東京ベイ・成田)

2017.12.23

クアラルンプールで、ダブルツリーとヒルトンも利用しましたし、今年も勢いで始めてしまいました。

ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール。宿泊記・行き方。総集。

2018.01.28

ヒルトンクアラルンプール。宿泊記・アクセス総集。hilton Kuala Lumpur

2018.02.07

というのも、ラウンジが利用できると、思っていた以上に快適だということが分かってしまたのと。

コストパフォーマンスも良いのです。

ということで、今年もヒルトン宿泊記、を続けたいと思います。

今回(も?)、ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール宿泊記お届けします。

ラマダン時期でしたので、飲食がどうなるかが心配でしたが、普通に指定分には平気なようです。コチラも簡単ですが書いて見ました。

前回ダイヤモンド宿泊利用記はコチラ

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 。ツインプレミアムルーム宿泊記・ホテル設備紹介。2018ダイヤモンド修行12滞在目5/12。Double tree by hilton naha shuri Castle twin premium room city veiw

2018.06.17
スポンサーリンク

ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール

焼きたてのクッキーと、マレーシアならではの心のこもったおもてなしでお客様をお迎えする、ダブルツリーbyヒルトン・クアラルンプール。マレーシアの首都、クアラルンプールの中心部という絶好のロケーションを誇ります。オフィスビルやショッピングモールが同じ「ザ・インターマーク」内にあり、ペトロナス・ツインタワーやクアラルンプール・コンベンションセンターにも徒歩10分です。この街の観光名所や、周辺のオフィスへの無料シャトルバスもご利用いただけます。屋内連絡通路を使えば、アンパンパークLRTメトロ駅にもわずか5分の距離です。

アクセス

最寄りの駅はLRT5番線のアンパンパーク(KJ9)駅です。

空港からの行き方はコチラ。

KLIAエクスプレス。マスターカードで20%割引き。お得に切符買い方・乗り方。(片道・往復)クアラルンプール空港からKLセントラル駅までの行き方 masterCard KLIA EkspresクアラルンプールKuala Lumpur

2018.05.05

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールへの行き方。KLセントラル駅からアンパンパーク駅まで。 KL SENTRAL Ampang Park

2018.05.03

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールにアンパンパーク駅から簡単に行く方法(動画付)。雨に濡れない&女性も安心。重い荷物が有っても大丈夫。 ampang park double tree Kuala Lumpur route

2018.01.03
スポンサーリンク

ダブルツリークアラルンプール予約

もうなれたもので、特に困ることなくフロントに到着です。

1キングベッドゲストルーム予約。

いつものように一番安い、1キングベットゲストルームを予約。

アップグレード

いつものように1キングベッド エグゼクティブルームになっていました。

スポンサーリンク

チェックイン

KLセントラルから乗り換えのとき5番線のエスカレーターが点検?で動いていない。

階段を上がるのかと、悩んでしたら、振り返った後ろにエレベーターが有り一安心。

KLセントラル駅5号線エスカレーター点検

アンパンパーク駅に着き、いつものルートでダブルツリーに向かいます。

アンパンパーク駅からダブルツリークアラルンプール歩道橋 インターマークビル(ダブルツリー)入り口

今回、チェックインはラウンジでして見ようと、ホテル入り口のコンシェルジュに「ラウンジでチェックインしたい」

と片言の英語にもなっていない言葉で相談。

なんとなく分かっていただけたようで、33階のラウンジまで案内して頂けました。

エグゼクティブラウンジ朝食

ラウンジに着くと、顔を覚えていただけてた様でさくっとチェックイン完了。

「朝ごはん食べていく?」って感じに言われ、「良いの?」と日本語で返す(笑)。

「うんうん」って感じ帰して頂けたので、甘えます。ラウンジですので、マカンキッチンのような多種多様な料理は

揃っていませんが、必要十分です。

ホットミール

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食ホットミール1 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食ホットミール2 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食ホットミール3

サラダ・フルーツ・コールドミール

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食9 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食7 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食8

写真左奥に見えている調味料。

よーく見ると、右の瓶がチリソース。左の瓶がケチャップ。ふたとラベルの色以外一緒に見えます。

あやうくチリソースをかけるところでした。ご注意。

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ ケチャップとチリソース間違いに注意

シリアル・パン

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食6 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食4 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食2 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食1

ドリンク

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食ソフトドリンク ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食3 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ 朝食5

冷蔵庫の中にヨーグルトなど用意されていました。

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食ヨーグルトなど

コレだけ揃っていれば十分です。マカンキッチンが揃いすぎているのでちょっと基準が厳しくなっちゃいます。

みなさん、マカンキッチンに食事しにいくからか、朝のラウンジはこんなに空いています。

ダブルツリークアラルンプール ラウンジ内

そとはちょっと雨模様。ホテルに着いたときは晴れていたのに南国の天気は変わりやすいです。

ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ雨 ダブルツリークアラルンプール エグゼクティブラウンジ朝食

お代わりしていたら、マネージャーが出勤?され、挨拶に来ていただけました。

日本人で英語も喋ることが出来ないのに毎月宿泊しているので、覚えやすいんでしょう(笑)。

コーヒーをユックリ飲み、部屋に向かいます。

2726号室1キングベッドエグゼクティブルーム

エレベーターに乗り27階に移動します。

エレベーターはルームキーをかざさないと階数指定が出来ませんので外部から人が入りにくいようになっています。

部屋レイアウト

では、部屋に入ります。

入り口ドアから

1キングベッドエグゼクティブルーム入り口

前回の1キングベッドエグゼクティブルームと同じレイアウトです。

ベッドルーム

1キングベッドエグゼクティブルーム室内1 1キングベッドエグゼクティブルーム室内2

窓側からのベッドルーム

今回も良くあるお風呂スケスケ仕様です。

1キングベッドエグゼクティブルーム室内からシャワールーム

部屋テーブルの下です。

開けると冷蔵庫とグラス等が用意されています。(この写真は前回の使いまわしになります)

電気ポット

ポット前の蓋を開けるとコーヒーなどが用意されています。

ベッドサイドにはミネラルウォーターは2本サービス、

バスルーム

1キングベッドエグゼクティブルームシャワールーム

バスタブは無くシャワーブースのみです。

アメニティ

こちらもいつものアメニティ

1キングベッドエグゼクティブルームアメニティ 1キングベッドエグゼクティブルームアメニティ2

アメニティはヒルトン共通の物です。日本でも同じです。

クアラルンプールのヒルトンとダブルツリーで用意されている歯ブラシが何気に気に入っています。

柄のしなりが絶妙で磨きやすい。あまった歯ブラシは頂いてます(^_^;)

洗面所・トイレ
1キングベッドエグゼクティブルーム洗面所 1キングベッドエグゼクティブルームトイレ

クローゼット

左手鏡の所が扉になっています。

1キングベッドエグゼクティブルームクローゼット2 1キングベッドエグゼクティブルームクローゼット3

開けると・・・。

クローゼット、アイロンも有ります。

1キングベッドエグゼクティブルームクローゼット3

反対側は、セーフティボックス

1キングベッドエグゼクティブルームセーフティーボックス

スリッパも揃っています。

下の引き出しには洗濯用袋と、ドライヤー。

ウェルカムスイーツ

今回はバナナが有りました!!

ダブルツリークアラルンプール ウェルカムスイーツ

いつも同じなのかと思っていたのですが、ちょっと変化するようです。

ずっと同じだったウェルカムスイーツはコチラです。

うん。同じようなもんですね。

部屋からの景色

今回は翌朝の写真です。

朝早いからか、まだなんとなく、空気が重そうです。

部屋の外の廊下からの夜景はコチラ。

KLCCペトロナスツインタワーが綺麗に見えます。

ダブルツリークアラルンプール からのペトロナスツインタワー

昼はこんな感じ(前回の写真)

廊下からの景色

プール

到着してから、いつもの地下のスーパーでビールなどを買い物し、今日はプールに向かいます。

前回入ることが出来なかったので、嬉しい。

タオルなどはプールサイドに用意されており、部屋番号を伝えて借りることが出来ます。

 

ダブルツリークアラルンプール プール3

ビルの谷間に有るため、太陽の傾きで日向が動くため、皆さんちょっとちょっと移動。私もです(笑)

ダブルツリークアラルンプール プール1

ガススプレー式は飛行機に乗せられないため、手動スプレータイプのコパトーンを持参。

ダブルツリークアラルンプール プール2

当たり前なのですが、プールの水質チェックをこまめにしています。こういう作業を目の前でして頂けるととても安心です。

ダブルツリークアラルンプール プール4
スポンサーリンク

夜マック?

ダブルツリークアラルンプールは商業ビルに入っているので色々なテナントが有ります。

その中でも馴染深いのがマクドナルド。

ナシマック

日本では、月見バーガーとか色々有りますが、マレーシアでもありました。

「ナシマック」

マレーシア ナシマック

初心者?なのでレギュラーチキンだけを頼みました。

マクドナルド 注文画面

コチラがナシマックです。

で、あけて見ると、スパイシーチキンとなんとか?が手元に!!

レシートを見ると、ノーマル料金だったので、だれかと入れ替わったらしい。

いただきます。・・・・・。

むーりーーーーー!!

失礼な言葉すみません。辛いじゃねーかーー!!

ツイッターでも、この辛さの報告連続でしていました。

赤いソースがとても辛く、つける量がまだ私は分かってないようでした。

ナシマックレシート

(レシートを見て見ると、確かにレギュラーを頼んでいる。)

ヒーヒー言いながらも半分は食べることができました。

スポンサーリンク

朝食

朝食メニューはこちらに随時まとめて有ります。

全メニュー紹介:ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール・朝食バイキング(ビュッフェ)。種類豊富で美味しい。double tree Kuala Lumpur macan kitchen

2018.07.11

今回、新たに?屋台みたいに出来ていたのがコチラ。

『テタレ』

気がつかなかっただけで以前から有ったのかも知れません。

テタレステーション

とっても甘い紅茶で、紅茶とコンデンスミルクを混ぜ合わせながら作ってくれます。

テタレ

テタレに

ロテチャナイ

ロテチャナイを組み合わせると。「マレーシアの朝ごはん」出来上がり。

辛いカレーととても甘いテタレの組み合わせ。何気に良くて、感心しながら美味しく頂きました。

ロテチャナイは何層にも折り返して焼いて有り、もちもちしていてとても美味しかった。オススメです。

スポンサーリンク

ラマダン

ちょうどラマダンの時期にクアラルンプールに来ました。

太陽が昇っている時、飲食を断つ事です。

以前、ラマダンの時期にドバイに行きました。その時は食べ物はおろか、飲み物も人前では飲めません。

それ以前に、街中で飲食店が開いていない。例外として外国人用?がひっそり営業していました。(衝立で隔離していたり、扉が閉まっていたりする)

そのつもりでマレーシアに来ましたが、地域差なのでしょうか、コンビニはおろか普通に飲食店が開いています。

バーガーキングが普通に営業している事にびっくり!!(KLセントラル駅)

ドバイでは有り得ないと思います。(ドバイも他の中東に比べれば比較的楽な方のラマダンだそうです)

かといって、むやみやたらにどこでも飲食していいとは思いませんので、節度を持っていれば良いのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク

おわりに

羽田深夜便で飛んで、クアラルンプール空港からホテル到着まで移動。朝早かったのにまたまたチェックインさせていただいて助かりました。

今のところ、朝からチェックインさせていただいてとても助かっています。

だからといって、突然朝行くのではなく、前もってメールで連絡は入れています。

ただ、コレばっかりは善意なので本当に助かります。

初めて飲んだテタレ。初めて食べたロテチャナイ。とても美味しかった。

マックのナシマックは今度ノーマルを再チャレンジします(笑)。

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください