チャンギ空港でEZ-LINKカードをクレジットカードで購入。トップアップはアプリで出来る。購入・トップアップ(チャージ)・バス利用方法紹介。とても簡単。singapore changi airport

チャンギ recommmends

スポンサーリンク

以前、シンガポールに来た時は、右も左もわからずというのと複数での移動でしたのでタクシーを使いました。

シンガポールのタクシーはとても安くとても便利。ただ、街中で拾うのは結構苦労します。

というのは、みなさんタクシーを拾うので、タクシーの取り合い。上流へ上流へ人が流れ、鮭の遡上状態。

Grabを使っても良いのですが、今回の旅行ではバス・電車を使うため、EZ-LINKカードを使って移動をしてみました。

ここでは、シンガポール・チャンギ空港でのちょっと違ったEZ-LINKカードの買い方を紹介します。

この方法でしたら、クレジットカードでの購入も可能ですし、カード代を含め10シンガポールドル(カード代5、チャージ代5シンガポールドル)で購入することが可能です。

また、アプリでチャージ(クレジットカード払い)する方法も紹介ます。

スポンサーリンク

EZ-LINKカードとは

EZ-Link(イージーリンク)とは、2002年に導入されたシンガポールの(タクシーを除く)市内交通の支払いに利用できるIC乗車カードである。

鉄道、バスのほか、駐車場やコンビニ,スーパーマーケットの決済にも使えるようになってきた。 CEPAS Card になってからは、CEPASに適合する他のICカード料金徴収・支払いサービスに対する利用可能エリアの拡大が進んでいる。

鉄道・・・SMRT・SBS TransitのMRT・LRT全線
バス・・・SBS Transit・SMRT
スーパーマーケット・・・Cold Storage

ウィキペディアより。

EZ-LINKカードを使えば、バスや電車がちょっと割引がされ、つど券売機に並ばなくても良いです。

今はタクシーでも支払いに使える車両も有る模様。どんどん対応施設が増えているようです。

このカードが有れば、シンガポールでの移動がだいぶ楽になります。

しかもお得!!

さくっと簡単にいうとSuicaみたいなものです。

有効期限

EZ-LINKカードが有れば楽にお得に移動が出来ますが、カードに有効期限が有ります。

買った日から6年

購入した日から6年。

6年の有効期限が長いか短いかはなんとも言えませんが、

楽さ・便利さを考えても私は有りだと思います。実際、移動がサクサク出来ましたので、

観光で時間が限られている方ほど利用価値有るのではないでしょうか。

有名な観光地の駅では券売機に結構な人数が並んでいるので、これをパスすることができ、観光に時間をまわせます。

スポンサーリンク

シンガポール・チャンギ空港での買い方

一般的にはMRT窓口にて購入する方法が多く検索されます。

ただ、結構混んでいますし、バスを利用する方はMRTの窓口に行ってまたバス乗り場に行くのは不便。

じつはMRT窓口以外でもEZ-LINKカードが購入できるのです。

購入場所

チャンギ空港のカスタムを出ると、各種案内所が有ると思います。

チャンギ空港カスタム出口前

こちらの窓口の一つでEZ-LINKカードが売っています。

CHANGI RECOMMENDS

ここではターミナル2のとあるカスタム出口前を例にして案内します。

場所

写真右手が制限エリア出口。

預け入れ荷物をピックアップして、出る所です。

カスタム出口

ここを出て、正面を見ると。はい。各種案内所です。

チャンギ空港カスタム出口前

その中の一つ「CHANGI RECOMMENDS」でEZ-LINKカードが購入できるのです。

CHANGI RECOMMENDS

チャンギ recommmends

制限エリア出たら目の前にあります。もし、出口で見当たらなければ、ちょっと移動して見てください。

見つかるはずです。それでも分からなければ「CHANGI RECOMMENDSカウンターはどこ?」と空港の人に聞けば良いし、話すの苦手なら

紙に「CHANGI RECOMMENDS Counter」と書いて見せれば教えてくれるでしょう。

SIMカード・各種施設のチケットも販売

この窓口はEZ-LINKカード以外に、SIMカードや各種施設のチケットも販売しています。

SIMカード使う予定。各種施設に行く予定の施設の方。

こちらで買うのがお得です。一つの窓口で揃うので、現地の券売所に並ばなくても良いし、楽です。

以前、ナイトサファリに行った時、現地でチケット買うだけで1時間位並んで苦労しました。その時この窓口の存在を知っていれば、

間違いなくここで買っていたでしょう。

買い方

とっても簡単。窓口に行って「EZ-LINKカードください」というだけ(英語)で、売ってくれます。

10シンガポールドルですので、現金で払うかカードで払うかすればOK。はい、これだけで手に入ります。

写真のように、全然人がいません。窓口のお姉さん、とても暇そうでした(笑)。

金額

カード代が5シンガポールドル(コチラの料金は戻ってきません)に5シンガポールドルチャージされていますので、

合計10シンガポールドルです。

購入したEZ-LINKカードはコチラ。

EZ-LINK カード

CHANGI RECOMMENDSオリジナル?の券面で、ノーマルより可愛い。これなら5シンガポールドル支払っても良いかも。

購入した時点で使えるようになっています。このままバスに乗るなり、電車に乗るなりして使えます。

スポンサーリンク

使い方

使い方はとっても簡単。

日本の交通系カードと同じように、改札口にタッチするだけ。

タッチして通過すると、ゲート後半の表示に残高が出てますので、コチラで残高確認しながら使ってください。

バスの場合、タッチした端末に残高が表示されます。

google Mapと連動

そして、EZ-LINKカードというか、シンガポールの交通機関のすごい所。

なんと、google Mapと連動しているのです。

バスを例にしますが、移動検索をしますと、バス停までの移動および、バスの到着時間。

グーグルマップバス移動表示1 グーグルマップバス移動表示2

(経路に有る白丸がバス停です。)

そして、通過駅や到着前にアラームでお知らせ。これらがシンガポールでの移動を助けてくれるのです。

グーグルマップバス移動経過表示1 グーグルマップバス移動表示1

このように残り駅数と時間を表示してくれるので、移動がとても楽になりました。

このおかげで、難しいと言われていたシンガポールのバスがとても簡単になります。

バスを乗り継げばほとんどの場所に行けると思うので、ぜひ利用して見てください。

データ通信が必要になりますが、私はコチラのSIMを使って周遊しています。

格安!(中国も追加)アジア周遊複数18ヶ国で使えるAIS SIM2Flyデータ通信利用記。日本で購入可能、安くて設定簡単。マレーシア・シンガポールで使ってみた。日本からトップアップ(チャージ)についても利用方法解説。

2018.02.17

オーチャードからマクスウェルフードセンター移動に便利なバス

駅からちょっと距離のある、マクスウェルフードセンターもこの通り。

ヒルトンシンガポールの部屋から検索。

オーチャードからマックスウェルフードセンター移動

実際の地図は、到着バス停から、フードセンターまでの徒歩経路も表示されますので、

初めてマクスウェルフードセンターに行く方も、迷わずに行けるでしょう。

移動はなんと2階建てバスでした。

シンガポール2階建てバス1 シンガポール2階建てバス2

バス移動が観光に早変わりです。

このように楽しみながら移動できます。

バス停には、電光掲示板が設置されていて、利用するバスがあと何分で来るか、リアルタイムで表示されているので、

大体の流れば読めます。

シンガポール。タイ大使館前バス停

利用したいバスが来たら、手を上げて止めましょう。

便利に利用していると、残高が減って来ます。バス停にはチャージする機械は無いので、MRTの駅に行ったりしなければなりません。

しかし、アプリからもトップアップが出来るのです。

次にアプリからトップアップする方法を紹介します。

スポンサーリンク

アプリからのトップアップ(チャージ)・残高照会方法

ZE-LINKカードを利用していると、当然残高は減っていき、交通機関を利用できなくなります。

残高がなくなっても現金で支払えば良いのですが。海外、さらに言葉もうまく伝わらないところで対応できる自信がない方。

事前に残高確認とチャージをしておけば安心です。

ここでは、アプリでのクレジットカードからトップアップ(チャージ)と残高照会の方法をおしらせします。

利用アプリ My EZ-LINK Mobile

ここではアンドロイドを例に紹介します。

利用アプリは「My EZ-LINK Mobile」

コチラを見ると今の所アンドロイドのみ対応のようです。

My EZ-LINK Mobile

一通りの流れが動画で紹介されています。こちらを見て予習すれば簡単にできる作業です。

対応機種

アンドロイドのNFC搭載機種。

私の利用しているアンドロイドはHuaweiのP9。

これはNFC搭載機種でしたので、スマホを利用してトップアップ残高紹介ができました。

EZ-LINKMobileのページからコチラを転載します。

Check the list of compatible handsets for My EZ-Link Mobile app and AppLink-GooglePlaydownload it on your Android handset !

Product Information

Convenience fees$0.30 per top-up transaction. App can be downloaded for free.
Top-up Payment methodVISA / MasterCard / American Express Cards
Where to download app?Google Play store
Official launch date5 Dec 2013

Checkの先に対応機種。

downroadをクリックしますと、google Playのアプリダウンロード画面に移動します。

対応機種に私のHuawei P9は有りませんでしたが、普通に利用できました。

NFC搭載機種は試して見る価値ありです。

アプリ利用画面

トップアップの方法は上の動画を見ていただくとして、実際アプリに登録します。

カードを当てる位置はスマホによって違いますが。私のHuawei P9ですと、

こんな感じです。

Huawei P9 NFC読み込ませ場所

読み込ませる前にNFCがアクティブになっているか確認してください。

NFCアクティブ確認。

では、カードを読み込ませて見ると。

My EZ-LINK Mobile1

EZ-LINKカードを購入(アクティブ?)にした時間とトップアップ金額の5シンガポールドルがわかります。

その後、36番線のバスに乗り12時5分にバスを降りているのが分かります。

そして、カード残高は上方に表示されていて、3.12シンガポールドルです。

EZ-LINKカードの有効期限は2024年7月24日ですね。

そして、クレジットカードでトップアップした後の画面がコチラ。

クレジットカード決済して、トップアップが反映されるまで数分かかりますので、

時間に余裕を持ってトップアップすることをオススメします。

My EZ-LINK Mobile2

10シンガポールドル追加され、残高が13.12シンガポールドルに変わっています。

残高確認は気になった時にカードを読み込ませれば画面に表示されますので安心です。

利用して、残高がなくなって来たら、またトップアップすれば良いだけです。

MRT券売機に並ばなくても良いのですごく楽です。

スポンサーリンク

おわりに(まとめ)

では最後に簡単に流れを書きます。

  1. チャンギ空港で「CHANGI RECOMMENDS」カウンターを探す。
  2. CHANGI RECOMMENDSカウンターでEZ-LINKカードを10シンガポールドル(カード代5・チャージ代5)で購入。
  3. カードを使って交通機関を利用。
  4. My EZ-LINK Mobileアプリダウンロード(現在androidのみ)
  5. アプリにEZ-LINKカード登録。
  6. アプリ経由でクレジットカードを利用してトップアップ。
  7. あとは、残高に応じて都度トップアップ。

アプリにEZ-LINKカード登録時とクレジットカード支払いトップアップの部分がこの中では手順が必要なところです。

最初は不安かと思います。

しかし、画面案内や、事前に動画を見て予習しておけば全然問題ありません。

皆さんも手軽にEZ-LINKカードを利用して、シンガポールを楽しみましょう!!

シンガポール・チャンギ空港から路線バス36番線で市内(オーチャード地区)に向かう方法。 From Changi Airport to Orchard area by bus No36. 格安移動

2018.08.12

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください