ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールへの行き方(アクセス方法)。空港からKLセントラル駅経由アンパンパーク駅利用。 KL SENTRAL Ampang Park

ヒルトンペタリンジャヤ行き方アイキャッチ

スポンサーリンク

クアラルンプール空港からKLセントラル駅までの移動は、こちらの記事をご覧ください。

クアラルンプール国際空港からKLセントラル駅までの行き方(アクセス方法)・KLIAエクスプレス。クレジットカードで切符買い方・VISAタッチ決済カード利用・乗り方を写真と動画で紹介。(片道・往復)KLIA1/KLIA2 KLIA Ekspres Kuala Lumpur

2018年5月5日
KLIA バスターミナル待機

クアラルンプール国際空港KLIA1からKLセントラル駅までの行き方・バス編。分かれば簡単。お得格安・チケット売り場までと購入方法、動画と写真で紹介。 BUS KLIA1 Kuala Lumpur KLcentral station

2018年7月8日

クアラルンプール国際空港KLIA2からKLセントラル駅までの行き方(アクセス方法)・バス編。分かれば簡単。お得格安・チケット売り場までと購入方法、動画と写真で紹介。 BUS KLIA2 Kuala Lumpur KLcentral station

2019年1月27日

そこから先、KLセントラル駅からダブルツリークアラルンプール最寄りのアンパンパーク駅までの事を記事にしたいとおもます。

クアラルンプール入出国までを動画で紹介していますのでそちらもご覧下さい。(you tubeに各種動画をアップしています

スポンサーリンク




KLセントラル駅・KLIAエクスプレス改札からLRT LAUAN KELANA JAYA線(5番)改札まで

KLIAエクスプレスとLRTの改札内では繋がっていません。一度改札を出ます。

改札を出ますと、この国旗の場所に出ます。(2018/5/5・注意:もう一箇所出口が有りました、こちらも乗り換え道順簡単です。後日追記します)

ここを左に行きます。

2018年5月3日:追記

上の写真の所を左に曲がると、T字に当たります。T字を左に曲がると、コチラ。(ちなみにT字を右に曲がると、ヒルトン・メリディアン方面です)

KLセントラル駅5番線前

nu セントラルに行くエスカレーターが見えます。

こちらの方面に歩いて右を見ると、

KLセントラル5番線改札口

LRT LAUAN KELANA JAYA線(5番)改札口が見えます。

コチラの改札口の券売機(写真では左に写っている)で切符(トークン)を買えばオッケーです。

この改札対面も5番線改札口が有ります。

右を見ると上の写真改札口、左を見るともうひとつの改札口が有ります。

5番線改札口は向かい合わせで2箇所です。

アンパンパーク行き路線

5番線です。

券売機はこまかいお金が必要

LRTの券売機は小額紙幣しか使えません。クレジットカードも利用不可です。

私は両替したままでしたので、小額紙幣が有りませんでした。

券売機で買おうとしたら細かいお金が10リンギットしかなく、券売機では使えない。

ちょうど横に窓口があり、そこで10リンギッドを差し出し「アンパンパーク!!」と連呼(笑)。

そうしたら、路線図のチラシを出してくれて、路線番号と降りる駅に印を付けてくれた。

切符は買えない?らしく10リンギッドを両替してくれた。

そうして買った切符がこちら。

トークンです。(印を付けてくれた路線図とともに)

購入後、このトークンを改札口にかざし(スイカのように)改札内に入ります。

ここまでの流れ、次回KLセントラル行った時に詳しく写真撮って来ます。

アンパンパーク駅方向

アンパンパーク行きはプラットホーム1。

アンパンパーク駅はKJ9です。(ちなみにKLセントラル駅はKJ15)

有名なペトロナスツインタワーが有る駅はKCLL。アンパンパーク駅のひとつ前です。

KLCC ペトロナスツインタワー

KLセントラル駅からペトロナスツインタワーまでの行き方(アクセス方法)。とっても簡単写真で紹介。最寄駅KLCC経由で案内

2018年1月26日

番号で駅が分かるので、駅名が読めなくても大丈夫。

ちょっとGPSの場所がずれていますが(地下通ってたりするので)グーグルマップで

現在地が分かります。グーグルさんすごい!!

無事アンパンパークに付き、改札を出るときはトークンを改札に入れて出ます(自販機のコイン投入口みたいなのがあります)

あとは、ホテルまではこちらの方法で向かうだけです。

アンパンパーク駅は地下に有り、改札口は「ひとつ」です。(地上出入り口は二つです)

ダブルツリークアラルンプールフロントオブジェ

「動画」ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールにアンパンパーク駅から簡単に行く(アクセス方法)。雨に濡れない&女性も安心。重い荷物が有っても大丈夫。ampang park double tree Kuala Lumpur route

2018年1月3日
スポンサーリンク

おわりに

KLセントラル駅で券売機や改札が色々有ることを知らず、現場で悩みました。

それさえわかってしまえば、日本で電車に乗るのと同じです。

次回クアラルンプール行ったとき、もっと分かりやすく乗り換えできるように写真を撮って来ます。

追記でも書きましたが、KLIAエクスプレス改札出てマレーシア国旗が見えるところに出たら左に2回曲がれば5番線駅に行けます。

人はいっぱい居ますが、通路は簡単です。

ヒルトンをお得に予約する方法

キャッシュバックサイト経由予約でキャッシュバックを貰おう

私が利用しているサイトを紹介します。

キャッシュバックサイトは入会後期間内に指定金額利用するとキャッシュバックが上乗せされます。大体3000円位ですのでホテル予約をすれば一発クリアです。

RAKUTEN-Ebates(海外サイト)

楽天が運営している海外キャッシュバックサイト、RAKUTEN-Ebates。を経由するとキャッシュバックがあります。

コチラを経由予約するだけでキャッシュバックされますので、実質割引で予約できるのです。

私がヒルトン予約する時は必ず経由します。

ポイントはペイパルで受け取れるのでペイパル支払いに利用できますしペイパルから銀行口座に振込も可能です。

登録はメールアドレスとパスワードでOKですので簡単です。

入会登録で10ドルキャッシュバック上乗せ(90日以内25ドル購入)が有ります。

たまにキャンペーンで30ドル上乗せ等が行われているので、宿泊予定が有り尚且つキャンペーン時期なら即申し込んでおきましょう。

注意:予約対象外国地域が有りますのでご注意。ご自身が予約する地域を確認しましょう。

90日以内に25ドル利用が条件ですが、ヒルトンを予約すれば25ドルは楽に越えると思われますので、簡単な条件です。

>>楽天イーベイツの登録ページはこちら。

私の利用実績です。ヒルトンセールの時コチラを経由し予約。宿泊費は殆ど25ドル以上ですので1泊で軽く上乗せキャンペーン条件クリア。これで10ドル分追加はお得です。

イーベイツ

>>楽天イーベイツ登録ページはこちら。

 

楽天リーベイツ(日本サイト)

海外キャッシュバックサイト利用が不安でしたら、

同じ楽天で日本運営の楽天リーベイツ経由で宿泊すると楽天ポイントが還元されます。(こちらは楽天ポイントでの還元となります)

楽天のIDを持っている方は普段利用しているIDを使って登録できます。

入会登録でボーナス500ポイント。(30日以内3000円以上購入)

ヒルトン楽天リーベイツ

>>楽天リーベイツの登録はコチラ

 

還元率は海外サイトの楽天イーベイツの方が全体的に上ですし、ペイパルで現金同様に利用出来ますので、海外サイトに抵抗が無ければ楽天イーベイツをオススメします。

両サイトともヒルトン以外にキャッシュバックされる会社が多数あるので、何かネットで買い物や申し込みを考えていたら検索して見ましょう。

ちょっとでもお得になっちゃいましょう。

HPCJ(ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン)

日本のホテルなど対象ホテル限定ですが、HPCJは前日でも割引予約が出来ますのでとても柔軟に予約が考えられます。

レストランも割り引きで利用できるHPCJについてはコチラの記事をどうぞ。

HPCJ紹介アイキャッチ

Hiltonをいつでも割引利用出来るHPCJ利用方法・特典を紹介。(ヒルトンプレミアムクラブジャパンとは)。

2018年7月14日

ベストレート 保証

他宿泊予約サイトより高ければよりお得な値段になります。

ヒルトンベストレート保証1

【約半額】ヒルトン・ベストレート保証成功方法紹介!!裏技?ホテル宿泊予約・比較・申請手続き・適用まで。(Hilton Hotel Best Price claim)

2018年7月26日

 

 

ホテル予約サイトの料金も調べてみましょう。

こんな記事も読まれています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,953人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

情報だけ呟いているアカウントはコチラ。ブログ記事に書かない程度の情報や、各種キャンペーン随時展開(クーポン復活など)に特化してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください