ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールへの行き方。KLセントラル駅からアンパンパーク駅まで。 KL SENTRAL Ampang Park

スポンサーリンク

(2018年5月5日追記あり)

クアラルンプール空港からKLセントラル駅までの移動は、こちらの記事で書きました。

クアラルンプール国際空港からKLセントラル駅までの行き方・KLIAエクスプレス。(クレジッド)マスターカードで20%割引き。お得に切符買い方・乗り方。(片道・往復) masterCard KLIA Ekspres Kuala Lumpur

2018.05.05

そこから先、ダブルツリークアラルンプール最寄りのアンパンパーク駅までの事を記事にしたいとおもます。

(思ったより大変だった)

結構現場でてんぱってしまったため、写真が有りません。

記事として書きますが、次回KLセントラル駅行くときに足りない内容を追加します。

スポンサーリンク

KLセントラル駅・KLIAエクスプレス改札からLRT LAUAN KELANA JAYA線(5番)改札まで

KLIAエクスプレスとLRTの改札内では繋がっていません。一度改札を出ます。

改札を出ますと、この国旗の場所に出ます。(2018/5/5・注意:もう一箇所出口が有りました、こちらも乗り換え道順簡単です。後日追記します)

ここを左に行きます。

2018年5月3日:追記

上の写真の所を左に曲がると、T字に当たります。T字を左に曲がると、コチラ。(ちなみにT字を右に曲がると、ヒルトン・メリディアン方面です)

KLセントラル駅5番線前

nu セントラルに行くエスカレーターが見えます。

こちらの方面に歩いて右を見ると、

KLセントラル5番線改札口

LRT LAUAN KELANA JAYA線(5番)改札口が見えます。

コチラの改札口の券売機(写真では左に写っている)で切符(トークン)を買えばオッケーです。

追記終わり

2018年5月5日:追記

わたし、見落としがありました、昨日利用したらこの改札対面も5番線改札口でした。

右を見ると上の改札口、左を見るともうひとつの改札口が有ります。

ですので5番線改札口は向かい合わせで2箇所です。

追記終わり

アンパンパーク行き路線

5番線です。

券売機はこまかいお金が必要

LRTの券売機は小額紙幣しか使えません。クレジットカードも利用不可です。

私は両替したままでしたので、小額紙幣が有りませんでした。

券売機で買おうとしたら細かいお金が10リンギットしかなく、券売機では使えない。

ちょうど横に窓口があり、そこで10リンギッドを差し出し「アンパンパーク!!」と連呼(笑)。

そうしたら、路線図のチラシを出してくれて、路線番号と降りる駅に印を付けてくれた。

切符は買えない?らしく10リンギッドを両替してくれた。

そうして買った切符がこちら。

トークンです。(印を付けてくれた路線図とともに)

購入後、このトークンを改札口にかざし(スイカのように)改札内に入ります。

ここまでの流れ、次回KLセントラル行った時に詳しく写真撮って来ます。

アンパンパーク駅方向

アンパンパーク行きはプラットホーム1。

アンパンパーク駅はKJ9です。(ちなみにKLセントラル駅はKJ15)

有名なペトロナスツインタワーが有る駅はKCLL。アンパンパーク駅のひとつ前です。

KLセントラル駅からペトロナスツインタワーまでの行き方。とっても簡単写真で紹介。最寄駅KLCC経由で案内

2018.01.26

番号で駅が分かるので、駅名が読めなくても大丈夫。

ちょっとGPSの場所がずれていますが(地下通ってたりするので)グーグルマップで

現在地が分かります。グーグルさんすごい!!

無事アンパンパークに付き、改札を出るときはトークンを改札に入れて出ます(自販機のコイン投入口みたいなのがあります)

あとは、ホテルまではこちらの方法で向かうだけです。

アンパンパーク駅は地下に有り、改札口は「ひとつ」です。(地上出入り口は二つです)

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールにアンパンパーク駅から簡単に行く方法(動画付)。雨に濡れない&女性も安心。重い荷物が有っても大丈夫。 ampang park double tree Kuala Lumpur route

2018.01.03
スポンサーリンク

おわりに

KLセントラル駅で券売機や改札が色々有ることを知らず、現場で悩みました。

それさえわかってしまえば、日本で電車に乗るのと同じです。

次回クアラルンプール行ったとき、もっと分かりやすく乗り換えできるように写真を撮って来ます。

追記でも書きましたが、KLIAエクスプレス改札出てマレーシア国旗が見えるところに出たら左に2回曲がれば5番線駅に行けます。

人はいっぱい居ますが、通路は簡単です。

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください