格安2日間420円。アジア周遊複数20ヶ国+タイ国内で使えるAIS SIM2Fly Asia & Australia。2日間1GBパッケージ購入利用記。トップアップすればSIM再利用できます。

SIM2FLY USSD コード表アジアオーストラリア

スポンサーリンク

以前から利用しているAIS社の格安SIM「SIM2FLY」ですが、使っていながら紹介していなかったパッケージ。

アジア&オーストラリア「2日間1GB・119バーツ」を購入利用しましたのでおしらせします。

2日間1GBとなりますが119バーツ(420円)で購入できるパッケージ。48時間以内の利用で良い方には激安パッケージです。

スポンサーリンク

2019年10月11日追記:SIM2Flyに2種類のSIMが有ることが判明。そしてUSSDコードもSIM種類によって異なります

2019年10月11日:あんまき様の調べで、同一パッケージで異なるUSSDコードが有る事、さらに2種類のSIMが有ることが判明。これで悩んでいた方が相当数助かるのではないでしょうか。

あんまき様、貴重な情報ありがとう御座います。

内容はモバイルトップアップサイト内に記載が有ります。

モバイルトップアップはLINE Payからトップアップ出来ない場合、コチラを経由するとトップアップ可能として記事にしていました(手数料有り)

AIS SIM2Flyを日本でトップアップしてみた方法を紹介。LINE Payからのトップアップ情報追加

2018.02.20

では、あんまき様に教えていただいたページから主要部分をグーグル翻訳を利用して抜粋。

アジア&オーストラリアパッケージ:

* 111 * 356# または* 111 * 501# – 119バーツ– 1GBで2日間有効

* 111 * 354# または * 111 * 500# – 299バーツ– 8日間有効の4GB

ヨーロッパアメリカ&グローバルパッケージ:

* 111 * 359# または* 111 * 503# – 299バーツ– 1GBで3日間有効

* 111 * 358# または* 111 * 502# – 799バーツ– 4日間15日間有効

* 111 * 407# または* 111 * 504# – 2,699バーツ– 365日間15GB

上記パッケージでUSSDコードが2種類有るのが分かりました

そして、販売されているSIMにも種類が有るようです。

Note: The there are now 2 variations of the SIM2Fly sims being sold, the local and international versions. Use codes in this color for international SIM2Fly version.

注:現在、販売されているSIM2Flyシムには、ローカルバージョンと国際バージョンの2つのバリエーションがあります。 SIM2Flyの国際バージョンでは、この色のコードを使用してください。

なんと、販売されているSIMの違いが有り、ローカルバージョンのSIMと国際バージョンのSIMが有るようです。

これにはまったく気が付いていませんでした。

この事で、今まで色々な読者様が悩んでいた事が解決されるかもしれません。

多分私のSIMはローカルバージョンで有る為、パッケージ購入できない方々(国際バージョンらしき)の疑問に気が付かなかったです。

もし、AISサイトで案内されているUSSDコードでパッケージ購入できない場合(国際バージョンと思われるSIMの方)、自己責任となりますが上記USSDコードを利用して購入できます。

スポンサーリンク

SIM2Flyとは

タイのAIS社がアジア各国へ旅行するタイ人向けに売っているSIMです。

SIM2Flyのページはコチラ(音が鳴りますのでご注意)

タイ人向けですが、タイ人以外も使えます。

AISというのはタイの携帯キャリアで、日本のDocomo、au、SoftBankと同じような会社です。

タイでは、AIS、DTAC、TrueMovが3大携帯キャリアで安心感もありますし、色々なサービスをしています。

このパッケージが日本で販売されている内容ですが、利用後トップアップする事で再利用ができるSIMなのです。

yahooショッピングでの価格は1430円、税込みです。そして、メール便になりますが全国送料無料です。

amazonでも販売していました。口コミも良さそうです。 

楽天市場でも販売していますが別会社です。楽天ポイントが余っていたりキャンペーンを利用できれば良いかもしれません

(価格は変動すると思われますので都度確認してください)

トップアップ(チャージ)の詳しい方法はコチラにまとめました。

AIS(SIM2Fly)LINE Payから日本でトップアップ可能(通話利用可)。公式トップアップ(チャージ)と有効期限延長方法紹介。top up Rabbit LINE Pay 購入方法。クレジットカード請求書内容も紹介。200バーツ以上もトップアップ可能

2018.03.21
スポンサーリンク

アジア&オーストラリアパッケージ「2日間1GB」119バーツ(420円)商品内容。激安料金です

SIM2FLY USSD コード表アジアオーストラリア

Remark :
4G or 3G usage depends on capability of network operator in each country

アジア&オーストラリア地域限定のパッケージとなります。

コチラは2日間1GBと期間とデータ量が絞られていますが119バーツ(420円)と激安パッケージなのです。

価格119バーツ
利用データ量1GB
利用期間開通から2日間
購入USSDコード*111*356#

ローミング対象国(利用できる地域)

SIM2Flyがローミングできるる対象国はこちらです(2019年4月12日現在)

  1. Japan日本
  2. South Korea韓国
  3. Singaporeシンガポール
  4. Malaysiaマレーシア
  5. Hong Kong香港
  6. Laosラオス
  7. Indiaインド
  8. Taiwan台湾
  9. Macaoマカオ
  10. Philippinesフィリピン
  11. Cambodiaカンボジア
  12. Myanmarミャンマー
  13. Australiaオーストラリア
  14. Nepalネパール
  15. Indonesiaインドネシア
  16. Qatarカタール
  17. Sri Lanka NEW!スリランカ
  18. 中国
  19. ブルネイBrunei NEW!
  20. Vietnam NEW!

NOTE :
For India, it’s not available in Assam, Arunachal Pradesh, Manipur, Meghalaya, Mizoram, Nagaland, Tripura, Jammu and Kashmir
4G or 3G usage depends on capability of network operator in each country

日本も対象国になっております。

どんどん対象国が増えているので、確認出来次第追加していきます。

スポンサーリンク

スマホアプリ・USSDコードで日本からパッケージ購入可能

日本からトップアップが出来るのは以前の記事で書きました。

購入したいパッケージに足りる残高があれば、即パッケージ購入可能です。

パッケージ購入時SMSを受信した時から運用が始まる

2019/10/14追記

以前はデータ通信ローミングONにしなければ購入パッケージ運用開始しなかったので事前に気軽に購入できたのですが。

運用が変更されたようで、購入確認SMS受信時から運用開始となったようです。(複数名からの報告及び私も確認済み)

USSDコード購入時はSIMを挿して購入するので直ぐ運用が開始される可能性があります(SMSを受信してしまうため)。

事前購入後から運用の方はアプリからの購入をオススメします。

詳しいこと変更が確認できましたら都度追記します。

スマホアプリから購入

コチラのパッケージもアプリから購入できます。

TOP画面のパッケージをタップ。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法1

画面が変わったらコチラを下にスクロール。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法2

「Apply SIM2Fly On-Top Package」をタップ。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法3

画面が変わったら、「SIM2Fly Asia&Australia」をタップ。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法4

2つのパッケージが表示されますので、「1GB 2Days」をタップ。

(下のパッケージは4GB7日間の標準パッケージです)

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法5

パッケージの内容を確認し、「Next」をタップ

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法6

もう一度内容を確認し間違いが無ければ「Confirm」をタップ。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法7

暫く待ち、コチラの画面になったらパッケージ購入完了です。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法8

ホーム画面に戻り暫くすると反映されました。

反映されない方はアプリを再起動してみてください。

まだ通信をしていないので利用開始されていませんが、ローミング国で通信した時から2日間利用出来ます。

アジアオーストラリア2日間パッケージ購入方法9

メンテナンスなどで購入出来ない場合

タイミングによってシステムが不安定だったり、メンテナンスでアプリから購入出来ない場合が有ります。

メンテナンス画面

そういう時はISSDコードでの購入でパッケージ利用しましょう。

スポンサーリンク

USSDコードでパッケージ購入

アプリでのパッケージ購入が出来なかった場合、USSDコードでも購入できます。

コチラの方法に慣れている方はアプリより簡単です。

入力USSDコード

AISのSIMをスマホにセットし、電話アプリを立ち上げ「*111*356#」を打ち込み通話ボタンを押せば登録完了です。

 

毎回USSDコードを打つのは面倒ですし、「あれ?USSDコードなんだっけ」とならないよう、私は電話帳にUSSDコードを登録して有ります。

USSDコード送信後、SMSでパッケージ購入確認が送られてきますので確認してください。

SMS受信後から2日間有効となります。

スポンサーリンク

SIM2Fly購入方法

このパッケージを利用するには、まず最初にAISのSIM(SIM2FLYなど)を購入しなければなりません。最初はプランがパッケージングされていますので、

最初のパッケージを使い切った後(使い切っていなくてもパッケージ購入出来ます)、お好きなパッケージを追加購入出来ます。

AISのSIMはAmazonやyahooで沢山取り扱っていましたが、yahooショッピング5の付く日に期間限定ポイントを利用して更にお安く購入できました。

購入したショップは「ワイズ・ソリューションズ」。

yahooショッピングでの価格は1430円、税込みです。そして、メール便になりますが全国送料無料です。

amazonでも販売していました。口コミも良さそうです。 

楽天市場でも販売していますが別会社です。楽天ポイントが余っていたりキャンペーンを利用できれば良いかもしれません

(価格は変動すると思われますので都度確認してください)

AIS SIM2FLY 2day1GB Asia & Australiaを使ってみた

先日シンガポールF1観戦時に利用しました。

マレーシア(クアラルンプール)経由でしたが、周遊利用が出来るパッケージですので、マレーシアでも利用できるのでとても役に立ちます。

AIS SIM2FLY 1Day1GBパッケージ

2日間利用して残り4MB程でした。

殆ど外に出て利用していたので動画は利用しないようにしていた。結果半分ほど残ったようです。コレならもっと気にせず利用できました。期間は2日と短めですが、2泊3日のような使い方ならとてもお得に利用出来ます。

以前利用した時の残量はコチラ。

この時はどの位使ってしまうか分からなかったため出来るだけホテルのwi-fiを利用していましたので、100MBしか利用していませんでした。

スポンサーリンク

おわりに(まとめ)

今はホテルや商業施設等に無料wifiが用意されていたりしますので、よほどハードに使わなければ1GBの容量でで2日間は十分では無いでしょうか。

私は2日間不自由なく使っても使い切れませんでした。

トップアップ(チャージ)はLINE経由で行えますし、色々便利なシムなので利用する機会がありましたら試してみてください。

こちらに私が経験・調べたAIS SIM2Flyの記事がまとめてありますので、よろしければご覧ください。

AIS SIM2Fly 利用記まとめ。日本で購入から利用開始方法(使い方)。トップアップ(チャージ)から再パッケージ(プラン)購入まで。SIMの再利用

2018.07.21

こんな記事も読まれています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,201人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

4 件のコメント

  • こんにちは。
    アジア渡航時のSIMを探しておりましてこの記事にたどり着きました。
    有益な情報をありがとうございます。

    近々、「日本⇒上海⇒タイ(バンコク)⇒上海⇒日本」の乗り継ぎにてタイへの渡航を予定しておりますが、ご紹介されておられるSIMにて全ての地域でネット環境(+通話?)に繋がるという認識で正しいでしょうか?
    (上海でのトランジット時に所用で街へ行く必要がありまして、上海とタイの両国にてそのまま使用できるSIMだといいなぁ、と思っています。)

    似たような別のSIM販売サイトにて「タイでは使用できない」と記載を見つけ質問させて頂きました。
    ご教示頂けますと幸いです。

    • けんぼうさん。こんにちは。
      こちらのページは2日間パッケージのページですが2日間で全て廻るのでしょうか。
      8GB6日間のパッケージとしてお答えいたします。日本では勿論利用出来ます。
      ただ、ほかの地域は私は確認取ってませんが中国では利用出来ている報告があります。タイに関しては使えるようになっているみたいですがオマケ程度になるようです。
      コチラのページの方がご利用内容に近いと思いますので、ご覧下さい。
      https://nanatabi.com/travel/7682

      • nanaban様
        こんばんは。
        早速のご返信ありがとうございます。

        今回は日本での使用は想定しておりませんでして、上海到着後(現地の昼12時頃)から上海から離陸(現地の夕方)するまでの期間をSIM1枚で運用できればいいな、と考えていました。(海外滞在が2日半ほどの旅程なので、チョット足りないですね。)
        「中国では中国のSIM」、「タイではタイのSIM」が確実かも知れませんが、ご案内いただきましたページも拝見しまして参考にさせて頂きたいと思います。
        ありがとうございました!

        • なるほどです。タイはオマケ程度にしかデータ量などが付いていません。上海では問題なく使えると思いますが、タイでは別途パッケージ購入かと思います。
          自分で利用していないので記事にはしていませんが、タイで利用できるパッケージを別途購入すればタイでも余裕の有るデータ通信が可能になるはずです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください