【1キングベッド・テラススイート最上階3317号室】ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール宿泊記。ダイヤモンド修行22滞在目8月11日。1KING BED TERRACE SUITE ROOM No3317 double tree by hilton Kuala Lumpur

エグゼクティブテラスルーム25

スポンサーリンク

2017年に勢いでヒルトンダイヤモンド修行を始めてしまいましたが。

2017年・ヒルトンダイヤモンド修行。ヒルトンホテル宿泊・施設総集 hilton diamond (小田原・東京ベイ・成田)

2017.12.23

クアラルンプールで、ダブルツリーとヒルトンも利用しましたし、今年も勢いで始めてしまいました。

ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール。宿泊記・行き方。総集。

2018.01.28

ヒルトンクアラルンプール。宿泊記・アクセス総集。hilton Kuala Lumpur

2018.02.07

というのも、ラウンジが利用できると、思っていた以上に快適だということが分かってしまたのと。

コストパフォーマンスも良いのです。

ということで、今年もヒルトン宿泊記を続けたいと思います。

今回(も?)、ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール宿泊記です。

前回ダイヤモンド宿泊利用記はコチラ

ヒルトンクアラルンプール・キングエグゼクティブレイクビュー宿泊記。8/10。ダイヤモンド修行21滞在目。Hilton Kuala Lumpur king executive lake view

2018.10.17
スポンサーリンク

ダブルツリーヒルトン・クアラルンプール

焼きたてのクッキーと、マレーシアならではの心のこもったおもてなしでお客様をお迎えする、ダブルツリーbyヒルトン・クアラルンプール。マレーシアの首都、クアラルンプールの中心部という絶好のロケーションを誇ります。オフィスビルやショッピングモールが同じ「ザ・インターマーク」内にあり、ペトロナス・ツインタワーやクアラルンプール・コンベンションセンターにも徒歩10分です。この街の観光名所や、周辺のオフィスへの無料シャトルバスもご利用いただけます。屋内連絡通路を使えば、アンパンパークLRTメトロ駅にもわずか5分の距離です。

アクセス

最寄りの駅はLRT5番線のアンパンパーク(KJ9)駅です。

空港からの行き方はコチラ。

クアラルンプール国際空港からKLセントラル駅までの行き方・バス編。分かれば簡単。お得格安・チケット購入方法紹介。 KLIA Kuala Lumpur KLcentral

2018.07.08

クアラルンプール国際空港からKLセントラル駅までの行き方・KLIAエクスプレス。(クレジッド)マスターカードで20%割引き。お得に切符買い方・乗り方。(片道・往復) masterCard KLIA Ekspres Kuala Lumpur

2018.05.05

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールへの行き方。KLセントラル駅からアンパンパーク駅まで。 KL SENTRAL Ampang Park

2018.05.03

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプールにアンパンパーク駅から簡単に行く方法(動画付)。雨に濡れない&女性も安心。重い荷物が有っても大丈夫。 ampang park double tree Kuala Lumpur route

2018.01.03
スポンサーリンク

ダブルツリークアラルンプール予約

ヒルトンクアラルンプールをチェックアウトし、MRTで再度ダブルツリークアラルンプールに向かいます。

ダブルツリークアラルンプールが入っているインターマーク総合施設に到着。

前日にチェックアウトして又来るのはちょっと不思議。

今回もラウンジでチェックインをしました。

1キングベッドゲストルーム予約。

いつものように一番安い、1キングベットゲストルームを予約。

 

 

ダブルツリークアラルンプール予約

エグゼクティブスイート・アップグレード

当日、再度予約状況を確認しますと。

1 KING BED EXECUTIVE SUITE ROOMにアップグレードとなっていました!!

前回に引き続きスイートです。

ダブルツリークアラルンプールエグゼクティブスイート

前回(といっても2日前ですが)のエグゼクティブスイートルーム利用記はコチラ。

【1キングベッドエグゼクティブスイート】ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール宿泊記。ダイヤモンド修行20滞在目8月9日。1KING BED EXECUTIVE SUITE ROOM double tree by hilton Kuala Lumpur

2018.10.15

今回も、足取り軽くチェックインです。このあともっと凄い事が起きるとは思っていませんでした。

チェックイン

コンシェルジュの方とエレベーターに乗り34階のエグゼクティブラウンジに向かいます。

ラウンジの方がもう「はーい!!nanaban welcome home(^.^)」って感じで、電話しながら笑顔で手を振ってきます。

椅子に座って電話が終わるのを待ち、いつものようにチェックイン。

お互い言葉は通じないのですが、色々話しながら手続きしていると、なにやら難しい顔。

そして日本語で「ちょっとまって!」(うぉ!!日本語だ!)

突然の日本語で私がビックリ、しかも「ちょっとまって!」(^_^;)

そうして、ラウンジの奥に行くと男性と戻ってきました。

なんと、日本人の男性がフロアで働いていたのです!!

(なーるほど。この方に日本語教わっているんだな)

男性が間に入り、色々聞くと。

ちょっとチェックインに時間がかかっているのでラウンジで待って欲しいとの事。

特に急いでいる旅ではないのでラウンジで待ちます。

エグゼクティブラウンジ

待っている間、日本人スタッフの方に色々聞くと。マレーシアの大学に来ていて、インターンシップで夏休みの間働いているとの事でした。

数日振りに日本語を話すことが出来てホッとした私。コーヒーをお願いして部屋が用意されるのを待つのでした。

1時間以上ラウンジで待つ

コーヒーも飲み終わり、お水も飲み。

やること無いのでパソコンでブログを書いたりしていたのですが、1時間経っても部屋の案内がされません。

「あれ?もしかして忘れてるのかな?」と日本人スタッフの方に「部屋の用意は未だかかりますか?」と確認したら、

もう少しかかるとの事。

14時半ごろホテルに着き、この時既に16時近く。

「混んでいて部屋用意できないのかなー」とコーヒーをお代わりして待っていると・・・。

ここからが本宿泊記メインとなります。

最安値から最高額にアップグレード

先ほどのデスクの女性が「おまたせーnanaban。部屋用意出来たよ!(^.^)」と笑顔で来ました。

やっと部屋に入れる、と受付を一通り済ませていると、なにやら注意事項を言われ・・・注意事項???。

なななんななんと!!

「ミスターnanaban!テラス付きの部屋にしたよ!!」

との案内。凄い、凄すぎる!!

1時間以上待ったのはこの部屋を用意するため!!??

待った甲斐が有りました。

最安値の部屋予約から、最高額の部屋へアップグレードです。

しかも、テラススイートの中でも最上階の部屋です。

何段アップグレードしてくれたのか良く分かりませんが凄いです。

テラス付き部屋の注意事項

テラスに出るには、同意書が必要。

「落ちても責任取りません」という感じ。

そして、テラスに出るにはフロントに電話して、セキュリティーの方が同意書確認後、テラスの鍵を開けるとの事でした。

「どうしよう。そんな事言えたり理解できる英語力無いぞ・・・」

部屋の紹介の前に、まずはフロントとのやり取りを紹介します。

グーグル翻訳で、「ルームNo3317のnanabanです。テラスの鍵を開けてください。私は英語がアリトルです。」など調べてから電話です。

コレだけで、察してくれてOKでした(笑)。

直ぐセキュリティーの方が来て、同意書に署名後、テラスの鍵を開けてくれたのでした。

スポンサーリンク

3317号室1キングベッド・テラススイートルーム

では、めったにネットでも宿泊記が紹介されていない3317号室テラススイートルーム最上階の紹介です。(この上はラウンジなどが有る階だけ)

先ずはグーグルマップで場所の紹介。

ダブルツリークアラルンプールはココ。

更にアップにしていくと。

ダブルツリークアラルンプールテラススイートマップ1

今回宿泊した部屋は赤印を付けた場所です。凄い場所でした。

ダブルツリークアラルンプールテラススイートマップ2

では、ドアを開けて中に入ります。

エグゼクティブテラスルーム1

ここら辺は普通?のエグゼクティブスイートと同じです。

入り口ドア内側から。

エグゼクティブテラスルーム2

ペトロナスツンタワーベストビュー

部屋からというか、テラスからは障害物無くペトロナスツインタワーが見えます。すごい。33階なので風もすごいです。

エグゼクティブテラスルーム28

さすがテラススイートです。

部屋レイアウト

では、部屋を案内します。

リビングルーム

入り口ドアから。

エグゼクティブテラスルーム4

右を見るとビジネスデスクが有ります。

エグゼクティブテラスルーム3

ビジネスデスク側から

エグゼクティブテラスルーム5

リビングからベッドルーム

エグゼクティブテラスルーム6

バーカウンター

ビジネスデスクの横がバーカウンター。

エグゼクティブテラスルーム21

ポットとグラス類・コーヒーマシーン。

エグゼクティブテラスルーム22

カウンターの下に冷蔵庫が有ります。

エグゼクティブテラスルーム24

ベッドルーム

ではベッドルームに移動します。

エグゼクティブテラスルーム7 エグゼクティブテラスルーム10 エグゼクティブテラスルーム8

こちらも十分広い空間。ベッドルームの横にバスルームなどが有ります。

バスルーム

上の写真、中央奥がバスルームです。

入って右側にバスルーム奥にシャワールームが有ります。

エグゼクティブテラスルーム13

バスタブ

エグゼクティブテラスルーム14

シャワールーム

エグゼクティブテラスルーム15

スイートルームにはバスタブがあります。

ドア横にバスローブ

エグゼクティブテラスルーム19

左側に洗面所

エグゼクティブテラスルーム17

隣がトイレになります。

エグゼクティブテラスルーム20
アメニティ

こちらもいつものアメニティ。

前回同様、スイートにはマウスウォッシュが有ります。

エグゼクティブテラスルーム16

それ以外のアメニティはヒルトン共通の物です。日本でも同じです。

クアラルンプールのヒルトンとダブルツリーで用意されている相変わらずお気に入りの歯ブラシ。

クローゼット

ベッドルームに戻ります。

ベッドルーム右手鏡の所が扉になっています。

エグゼクティブテラスルーム8

下の写真は前回のキングスイート。レイアウトは同じですね。

ダブルツリークアラルンプールエグゼクティブスイート部屋7

右を開けると、スリッパ・セーフティーボックス・ドライヤー。ランドリー袋。

エグゼクティブテラスルーム12

右を開けると。ハンガーとアイロンなどがあります。

エグゼクティブテラスルーム11

テラスからの景色

今回のメイン。テラスからの景色はコチラ。

写真右手のカーテンを開けます。

エグゼクティブテラスルーム4

おおおお!?。外にテーブルと椅子が用意されていました。

では、鍵を開けて出ます。

エグゼクティブテラスルーム23

テラスから室内。

エグゼクティブテラスルーム26

テラスから左の景色。

エグゼクティブテラスルーム30

正面の景色

エグゼクティブテラスルーム27

右を見ると。ペトロナスツインタワー。

エグゼクティブテラスルーム28

右に移動し更に右上を見ると・・・。

ホテル最上階ダブルツリーのマークがデカデカと見えます。間近で見ると、とても大きいです。

エグゼクティブテラスルーム29

夜、正面に見える景色の写真です。この夜景を見ながらのむビールは最高です。

エグゼクティブテラスルーム32

昼の写真です。

エグゼクティブテラスルーム31

KLCCペトロナスツインタワーをみながらビールを楽しめます。

風通しが良いので靴下を洗濯して乾かしていましたが(笑)、風が強すぎて飛んで行きますので注意しましょう(^_^;)

エグゼクティブテラスルーム33

朝イチのビールとお水。

エグゼクティブテラスルーム34

お水は地下のスーパーで安く購入出来ます。

エグゼクティブテラスルーム35

お水やビール。食べ物などはは地下のスーパーで安く購入出来ます。

また、ダブルツリークアラルンプールは複合ビル内に有りますので、ビル内にはレストラン・フードコート、マクドナルド・スターバックス・ファミリーマート等が有りますので、

食事に関しては困らないでしょう。

スポンサーリンク

朝食

朝食メニューはこちらに随時まとめて有ります。

全メニュー紹介:ダブルツリーbyヒルトンクアラルンプール・朝食バイキング(ビュッフェ)。種類豊富で美味しい。double tree Kuala Lumpur macan kitchen

2018.07.11

対応が違う

レストラン入り口で係の方にいつも部屋番号を告げるのですが、今回は。

受付:「グッモーニングサー」

私「ぐっもーにん。まいるーむなんばーすりーすりーわんせぶん」

受付:「oh!! ぐれーとなんちゃらかんちゃら。ニッコリ」(あら、良い部屋にお泊まりですね。その部屋は素晴らしいですよ)多分こんな感じ。

この後から、対応が今までで一番素晴らしかった(笑)。

テーブルへの案内もとても丁寧。食事しているときも「何かお持ちしましょうか?このメニューからご注文出来ますので如何ですか?」(多分)とか。

こちらのデザートは如何ですか?(トレーに乗っているのを見せながら)とか。

今までで最高のおもてなし。

テラススイートの威力恐るべしデス。

では今回食べた朝食はこのような組み合わせ。

飲み物はテタレとマンゴージュース・食べ物はカレーとチャーハン・焼きそば・サラダ・目玉焼きとかまぼこ?みたいなすり身。いたって普通です(笑)

デザートは何種類か持って来ていただきましたが、何か理解できず(笑)、こちらのゼリーだけ頂きました。

このあとテラスでビールを飲みノンビリし、ヒルトンクアラルンプールに行くためラウンジでチェックアウト。

ラウンジのお姉さんにとても素晴らしい部屋をありがとうとお礼。

そして、今年最後の滞在を片言で挨拶(でぃすすてい でぃすいやー らすとすてい ねくすとすてい ねくすといやー )。「え?またまた、次はいつ来るの?」と返していただき、本当に来年なのと告げると、ガッカリしてくれました。

そのあと片言英語でおしゃべりをして、「しーゆーねくすといやー!! しーゆーすーん!!」と笑顔で挨拶しホテルを出たのでした。

スポンサーリンク

おわりに(まとめ)

エグゼクティブスイート連続だ!!と喜んでいたら、まさかの更に上を行くテラススイート。

しかも、テラススイートの中でも最上階の部屋。

今年沢山お世話になっってばっかりなのに、さらに素晴らしいおもてなしを受けました。

この修行をするまで、文中にある片言の英語さえ言えなかったのにずっと親切に対応していただきました。ありがたいです。

この単語を話せるようになった自分もすごい!!

「いんぐりっしゅありとる」を幾度使ったことか。

そして、グーグル翻訳は凄い。何度も助けられました。

シムフリースマホと現地で使えるSIMが有ればグーグル翻訳を利用しながら意思を伝えられたのはとても助かりました。

シムフリースマホやSIMに関してはコチラにまとめてあります。修行始めるときに何も分からない所から調べ始めたのですが、1年調べていたら詳しくなってました。

AIS SIM2Fly利用記まとめ。日本で購入から利用開始方法。トップアップ(チャージ)から再パッケージ(プラン)購入まで。SIMの再利用

2018.07.21

こんな英語能力でも一年間海外飛行機修行が出来ますので、皆さんはもっと気楽に国際線を含めた修行。

そして、普通に海外旅行に行けます!!

伝えたい気持ちと笑顔。そしてちょっとずうずうしく(笑)すれば大丈夫?。

次回は夏休みヒルトンホッピング最終、ヒルトンクアラルンプールです。

2018年ヒルトン・ダブルツリー。宿泊・施設記・各情報(お得に泊まる方法も紹介)

2018.05.10

【約半額】ヒルトン・ベストレート保証成功方法紹介!!裏技?宿泊予約・比較・申請手続き・適用まで。(Hilton Hotel Best Price claim)

2018.07.26

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください