ヒルトンクアラルンプール・キングエグゼクティブシティービュー宿泊記・マクドナルド利用。5/2。ダイヤモンド修行10滞在目。Hilton Kuala Lumpur king executive city view

ヒルトンクアラルンプール 翌日 プール2

スポンサーリンク

ANAダイヤモンド修行。今回は2泊するのですが、ヒルトンとダブルツリーをホッピングします。

電車ですぐの距離ですので移動も楽。

前回の宿泊記はこちら。

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプール・1キングベッド エグゼクティブルーム紹介・宿泊記4月14日。ダイヤモンド修行9滞在目double tree hilton Kuala Lumpur 1KING BED EXECUTIVE ROOM

2018.05.06

今回はコチラ、ヒルトンクアラルンプールになります。

スポンサーリンク

ヒルトンクアラルンプールとは

活気あふれる街の魅力をご満喫いただけるヒルトン・クアラルンプール。

クアラルンプール国際空港からKLIAエクスプレスでわずか28分という便利なロケーションを誇ります。ホテル周辺にはクアラルンプールの観光名所のほか、散策をお楽しみいただけるレイクガーデンがございます。クアラルンプール市街の景色を楽しみながら、プールのスイミング、南国の風が心地良いサンデッキ、充実したスパトリートメントで贅沢な時間をお過ごしください。館内には、美しい大宴会場と中規模の宴会場「セントラル」、洗練された多目的施設「レベル7」をはじめとする、14の豪華な会議室をご用意しております。また、お客様のイベントのあらゆるニーズに柔軟に対応する、ミーティングおよびイベントサービス、施設外へのケータリングサービスをご利用いただけます。エグゼクティブルームおよびスイートにご宿泊のお客様は、パノラマビューが魅力の33階のエグゼクティブラウンジをご利用いただけます。また、無料のWi-Fiも完備しています。ホテル内には、お食事や接待にご利用いただける10店の素晴らしいご飲食施設を取り揃えており、ビジネスブランチからご夕食前のドリンクまで、シーンに合わせてお選びいただけます。ヒルトン・クアラルンプールは2013年に、ワールド・トラベル・アワードの「アジアのリーディング・シティスパホテル」賞、そしてTTGアジアの「クアラルンプールのベストシティホテル」賞を受賞しました。また、エクスパトリエイト・ライフスタイルの読者による「ベスト・オブ・マレーシア」賞で、同様のカテゴリーである「ベストビジネスホテル」に選ばれました。

ヒルトンクアラルンプールホームページより

ヒルトンクアラルンプールへのアクセス

マレーシアの首都クアラルンプールの中心に位置し、KLセントラル駅に隣接するヒルトン・クアラルンプールは、アクセスに優れた立地が魅力です。クアラルンプール国際空港(KUL)からは、KLIAエクスプレスでわずか28分。また、クアラルンプール屈指の高級エリア、セントラル中央ビジネス地区にある9階建てのライフスタイル・モール「nuセントラル」からは歩いてすぐです。また、ペトロナス・ツインタワーやミッドバレー・メガモールからも電車で簡単にお越しいただけます。

KLセントラル駅に隣接していて、駅からそのままホテルフロントに行く事ができます。

このことについては別記事にいたします。

スポンサーリンク

予約した部屋と料金

今回、「ヒルトンクアラルンプール」で当初予約したお部屋は「キングデラックス」というお部屋でした。

セールで予約

ヒルトンKuala Lumpurでは一番安い部屋をセールで予約しました。

ヒルトン アジア太平洋対象ホテル35%OFF セール

2017.11.09
ヒルトンクアラルンプール 予約

見間違えたのか、単純ミスなのか、朝食付きを予約していました(笑)。

ゴールド以上だと朝食無料です(^◇^;)

アップグレード

前年度、ヒルトンオナーズ・ダイヤモンドとなっていたためか、今回もアップグレードされていました。

お部屋はコチラ。

ヒルトンクアラルンプール エグゼクティブルーム アップグレード

ダイヤモンド会員は基本、エグゼクティブにアップグレードのようです。

今回はキング・エグゼクティブ・シティ・ビュー(king executive cityl view)です。

部屋の種類を確認すると、1ランクアップ?のようです。

最安の部屋からエグゼクティブにアップグレードは嬉しい。

レイクビューは宿泊していましたので、シティビューがどんな部屋か楽しみに思いながらヒルトンに移動します。

スポンサーリンク

チェックイン

クアラルンプール国際空港(KLIA)からKLエキスプレスでKLセントラル駅まで移動し、

クアラルンプール国際空港からKLセントラル駅までの行き方・KLIAエクスプレス。(クレジッド)マスターカードで20%割引き。お得に切符買い方・乗り方。(片道・往復) masterCard KLIA Ekspres Kuala Lumpur

2018.05.05

KLセントラル駅から直接ヒルトンクアラルンプールに行く事ができます。

KLセントラル駅からヒルトンクアラルンプール(メリディアン)まで屋内らくらく移動・子どもが居ても安心。道路を渡ったり屋外に出ない方法。hilton(meridien)Kuala Lumpur

2018.05.05

今回は、道路横断を試すために地上に出て、横断歩道をわたりましが、室内移動の方が気持ちも荷物運びも楽でした。

ヒルトン・ルメリディアン入り口

ホテルに入り、フロントに向かいます。

早朝のためかロビーは静か。

フロントで名前を聞かれ、アーリーチェックイン出来るか聞いたところ、13時にならとの返答。

あちゃー。今7時なので、6時間も時間潰さなければならないのかー。よく考えれば当たり前って言えば当たり前ですね。

13時でもありがたいです。今後、羽田ークアラルンプールで早朝到着の時、何か策を考えなければならないです。

(クアラルンプール・アライバルラウンジについて調べています)

荷物は預ける事が出来たので、特に予定は無かったのですがKLCCに向かいます。

KLセントラル駅からペトロナスツインタワーまでの行き方。とっても簡単写真で紹介。最寄駅KLCC経由で案内

2018.01.26

クアラルンプールの通勤時間にあたった為か結構混んでいます。

しかし、日本の山手線や中央線に比べたら半分以下いや、もっとかも。人に当たらないので楽です。

(こう考えると、日本の通勤列車ってすごいな)

スポンサーリンク

KLCC到着

人波にまかせ駅からツインタワー下へ(笑)。

ええ、まだモールのお店は開いていません。

ちょっと気になっていたKLCC水族館に向かいますが、まだ営業時間前です。(ですよね)

さーて、どう時間潰そうかと目に入ったのが。

KLCCマクドナルド

英語もマレーシア語も全然ダメな私。

でも、マックなら購入できるかもと向かうと。

店頭端末で購入

並んでいる時の写真ですみませんが、有人カウンターの他に、ディスプレイをタッチして購入できる端末が有ります。

コチラなら、画像で商品のイメージわかりますし、英語もゆっくり見る事が出来るので理解する時間が有ります。

カードでしたら、この端末で支払いまで完了します。

マクドナルド店頭注文端末

数人並んでいて、自分の番になりました。

ご当地マック

どうせならと、マレーシアらしいご当地マックを注文。

おかゆセット

注文したのは朝マック?のお粥セット。

マレーシア朝マック マレーシア朝マックおかゆ

おかゆの味は結構しっかり付いています。濃いめです。

そして、とっても美味しい。日本でも販売して欲しいくらい。

朝、食事や休憩に困ったらマックを利用してみてはいかがでしょう。

Wi-Fiも繋がるので時間調整が楽です。

そのあと、KLCCのお店が開いたので気になるお店を見てまわり、ヒルトンに向かうのでした。

ロイヤルセランゴール

フロントに早めに伺うと、既に部屋が用意されている様子。

では部屋に向かいます。

もしかしたら、ラウンジで手続きしていたらちょっと違ったかもと後で思うのでした。

スポンサーリンク

キング・エグゼクティブ・シティ・ビュー(king executive city view)部屋案内

アサインされた部屋は3キングエグゼクティブシティビュー。

エレベーターで30階に降ります。

部屋の雰囲気

ルームキーをかざし、中に入ります。

ヒルトンクアラルンプールエグゼクティブルーム シティービュー

部屋のレイアウトは前回と同じでしたので、ベッドの写真と、

バスルームの写真だけ新しいです。

ヒルトンクアラルンプールエグゼクティブルーム シティービュー バスルーム

バスルームスルー

相変わらずの、バスルームスルー。

部屋との境目(は無い?)

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームバスルームスルー

左:バスタブ・右:お部屋。

一応、仕切りの扉が有りますが、ちょっと恥ずかしい(1人なのに)

部屋からの眺望

コチラはシティビューですのでレークビューとは景色が違います。

コチラがレイクビュー

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームビュー

こちらが今回宿泊したシティビュー

ヒルトンクアラルンプールシティービュー

ぱっと見はレイクビューが良さそうですが、シティービューが夜になると・・・。

ヒルトンクアラルンプールシティービュー 夜景

こんな夜景になるのです。

私的には、シティービューでもOKです。

部屋の設備

此処からは前回と同じす。

ベッドサイドにはサービスミネラルウォーターが置かれています。

500ミリにペットボトル4本がサービスされています。

右横の瓶は有料になりますのでご注意です。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム・サービスミネラルウォーター

入り口に鏡が有りますが、こちらが扉になっていて、中がクローゼットになっています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット扉

開けると。

棚とセーフティーボックスが有ります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼットセーフティーボックス

横はハンガーとスリッパが用意されています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット

隠し扉?

ベッドサイトに戻り、テレビを見ているとなにか壁に隙間が有ります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット扉

手をかけてみると・・・。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット

アイロンセットが出て来ました!!

もしかして、他にも扉が有るのかと、壁を確認してまわりましたが、ココだけのようです。

今回、持って行った服がシワだらけでしたので、アイロンを使って見ましたが、スチームの仕方が

ちょっとわからなくて、水がまあまあこぼれてしまいました(笑)。

ミニバー

ベッドサイドにミニバーが有ります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム

中ですが、

開けて左側下段から、スナック菓子類と電気ポット。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム備え付け

中断はカップ類が用意されています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームグラス類

上段は、無料のコーヒー・紅茶などが用意されています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームドリンク類

右側は冷蔵庫になります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム冷蔵庫

アサヒスーパードライが用意されているのにビックリ。

バスルーム

先ほどの、ウォークインお風呂の紹介です。

バスタブはこのような形で横にシャワーヘッド・持ち手などが有ります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームバスルーム

シャワーが奥に有ります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームバスルーム

バスルームから室内を見ていましたが横の鏡が扉になっている様子。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム

開けてみると・・・。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット

こちらからもクローゼットが利用できるようになっていました。

これ、何気に便利ですね。

通路側の扉も開けると、こんな感じ。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームクローゼット

色々スルーなバスルームでした。

洗面所

こちらも鏡を多用した作りになっています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム洗面所

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム洗面所

とても清潔感の有る作りに感じるのは、外の光がたくさん入るからなのでしょうか。良い雰囲気です。

トイレ

洗面所の横に扉が有り、こちらがトイレとなります。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルーム洗面所

トイレの中に雑誌?が有りました。「長居してくれよな!!」って事でしょうか(笑)。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームトイレ

こちらも清潔に保たれています。

アメニティ

用意されているアメニティですが、シャンプー等は世界共通のようです。

日本のヒルトンと同じです。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームアメニティ

歯ブラシなどは現地により違うようです。

ここの歯ブラシはとても使いやすく、気に入りました。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームアメニティ

スリッパは先ほど紹介したクローゼットの中に用意されています。

ヒルトンクアラルンプール・エグゼクティブルームアメニティ クローゼット

部屋レイアウトは前回と変わりません。眺めが違うだけです。

今回は昼間にチェックインしましたし、外も晴れているのでプールに行きましょう。

スポンサーリンク

プール

ヒルトンクアラルンプールのプール(笑)はルメリディアンと繋がっていて共用になります。

8階に有り、8階までエレベーターで移動します。

プールサイドに行くと、受付?が有りますので、コチラでタオルが借りられます。

椅子は自由に使えますので、お好きなところをどうぞ。

ビルの中に緑を作ってプールがある。

なかなかの演出です。

ヒルトンクアラルンプール プール ヒルトンクアラルンプール プール

コチラは翌日のプール。

ヒルトンクアラルンプール 翌日 プール2 ヒルトンクアラルンプール 翌日プール

とても満喫できました。椅子の数も十分有りますし、

ゆったり過ごせます。

プールサイドで食事や飲み物注文できますし、結構良いです。

スポンサーリンク

エグゼクティブラウンジ

プールを上がり、シャワーを浴びていたら、あっという間に天気が悪くなって来ました。

雷もすごく、早めにプール上がって大正解。

この記事を書いている時には数度クアラルンプールを利用した後なのですが、夕方は高確率でスコールが来ていましたので、

ご注意ください。

着替えを済ませ、ラウンジに向かいます。

カクテルタイムを楽しむためです。

ヒルトンクアラルンプール スコール

ラウンジ向かい、ワインをいっぱい。ぐびぐび。

ヒルトンクアラルンプール カクテルタイム ワイン

あわあわをいっぱい。ぐびぐび。食べ物もいただきます。

ヒルトンクアラルンプール エグゼクティブラウンジ カクテルタイム

たくさん飲んだような気がしますが。

目が覚めたら朝でした(笑)。

スポンサーリンク

朝食

いい気分で酔っ払い早めに寝たので早起きです。

オープンの時間からレストランに向かったのですが、まだ外は暗い。

しかし朝ヤクルトは頂きます。

ヒルトンクアラルンプール 朝食ヤクルト1本目 ヒルトンクアラルンプール 朝食

朝食メニューはコチラにまとめて有ります。

全メニュー紹介:ヒルトン・クアラルンプール朝食バイキング(ビュッフェ)営業時間や種類豊富な食事など。Hilton Kuala Lumpur

2018.05.05

相変わらずの美味しさに食べ過ぎてしまいます。

そして、食後のヤクルトも忘れずに。

だいぶ外が明るくなって来たのが分かります。

ヒルトンクアラルンプール 朝食ヤクルト2本目

このあと、再度プールに入り。

ヒルトンクアラルンプールアフタヌーンティー2 ヒルトンクアラルンプールアフタヌーンティー1

アフタヌーンティーにラウンジに行き、ラウンジのマネージャーに色々マレーシア語を教わりながら、

チェックアウトしたのでした。

EFLマネージャーって名刺に書いて有り、なんの意味か分からなかったのですが、エグゼクティブ・フロア・ラウンジ・マネージャーと

言うのを、帰って来てから分かりました。

スポンサーリンク

おわりに

ヒルトンクアラルンプール、2度目の滞在でしたが、とても良かった。

特に今回は、ラウンジの方々にとても親切にして頂きました。

マネージャーには名刺を頂きましたし、次来るときはメールしてくれと言われたので、

またの予約が楽しみです。

チェックアウト後、次はダブルツリークアラルンプールに移動します。

(この移動中に思わぬ出来事にびっくりするのでした)

ダブルツリーbyヒルトン クアラルンプール。1KING BED EXECUTIVE SUITE宿泊記5/3。ダイヤモンド修行11滞在目double tree hilton Kuala Lumpur エグゼクティブ・スイート アップグレード

2018.05.26

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください