ANA羽田-クアラルンプール搭乗記・ビジネスクラスレビュー&空港からKLセントラル駅までの移動方法なども動画で紹介。2019ANAダイヤモンド(プラチナ)9便目4月12日。海外発券HND-KUL復路深夜便。

スポンサーリンク

海外クアラルンプール発券1順目往復の復路、羽田ークアラルンプール便、ビジネスクラスに搭乗してきました。

海外発券ですと、ビジネスクラスも手に届く範囲ですので参考になればと思います。

前回の搭乗記はコチラ。

【PP単価5.5・石垣タッチ】ANA羽田ー石垣島日帰り搭乗記。エコノミークラス・プレミアムクラスレビュー。4月3日2019年ANAダイヤモンド修行7・8便目。HND-ISG-HND往復

2019.04.07

今回は、動画を交えてお伝えします。

また、空港間移動やアライバルラウンジ利用。KLセントラル駅行きバスの乗り方も動画でどうぞ。

スポンサーリンク

もくじ

旅程

今回の旅程はクアラルンプールビジネスクラス海外発券復路。クアラウンプールー羽田、国際線区間。

ANAダイヤモンド修行(DIA)事前リサーチ。SFCからリトライのメリット・先行販売・海外発券などを調べる。羽田ー石垣9990円など国内線も調査

2017.10.20

旅程の内訳

クアラルンプールー羽田ー沖縄(那覇)ー羽田ークアラルンプール。

  1. クアラルンプールー羽田(ANAビジネスクラス)
  2. 羽田ー沖縄(海外乗り継ぎエコノミー)
  3. 沖縄ー羽田(海外乗り継ぎエコノミー)
  4. 羽田ークアラルンプール(ANAビジネスクラス)

今回は表4の、羽田からクアラルンプールに向かいます。

料金

海外発券。日本円で173587円

内訳

  • 運賃 148000円
  • 国内線旅客施設使用料 580 円
  • 消費税 7,837 円
  • 旅客サービス施設使用料 2,570 円
  • REGULATORY SERVICES CHARGE 30 円
  • 旅客サービス料 1,970 円
  • 航空保険料及び燃油特別付加運賃 12,600 円

国内線分往復ともにプレミアムクラスアップグレードしませんので、合計173587円

得られるプレミアムポイントは18432プレミアムポイント

これをPP単価にいたしますと、約9.417になります。

海外線をビジネスクラスで予約したためPP単価はあまり良いものにはなりませんでした。

スポンサーリンク

国際線チェックイン

羽田空港国際線ターミナルです。

【2019継続】2018年ANAダイヤモンド(DIA)取得記。修行計画・海外発券・費用・路線・PP単価。まとめ。

2018.09.18

ANAワイドカード以上を所有していればビジネスクラスカウンターを利用出来ます。

ANAワイドカード会員、ANAワイドゴールドカード会員、ANAダイナースカード会員、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員、ANAカード プレミアム会員の方には、ANA国際線エコノミークラスご利用の際にもビジネスクラスカウンターをご利用になれます。

  • ※ANA国際線運航便のみ対象になります。
  • ※ビジネスクラスカウンターにてANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードまたはANAカード プレミアムをご提示ください。
  • ※ご本人様のみご利用になれます。
  • ※空港および便によっては、当サービスをご利用になれない場合があります。

(ANAページより)

ANAビジネスクラスカウンター 羽田カウンター1

ANA SUITE CHECK-IN(スイートチェックイン)

ANAダイヤモンド会員ですと、コチラでチェックインが出来ます。

ANA運航の国際線ファーストクラスご利用のお客様、ANA「ダイヤモンドサービス」メンバーのお客様向けの「ANA SUITE CHECK-IN」をご用意しております。

ANAページより

ANAのファーストクラス利用又はダイヤモンド会員が利用できるチェックインカウンター。

ANAファーストクラス・スイートチェックインカウンター1

前回の写真ですがカウンターから後ろ。

ANAファーストクラス・スイートチェックインカウンター1

荷物を預け、チケットを受け取り出国です。

手荷物検査優先レーン

こちらはステータスが有ってよかったと思う瞬間

ANAでプライオリティーレーンを利用できる条件

ファーストクラス利用者・ダイヤモンド会員・プラチナ会員・SFC所持者。

手荷物検査長蛇の列を横目に抜けます。

羽田空港 国際線ターミナル優先荷物検査 羽田優先レーン1

ここは、ワイドカード等ではは通ることが出来ません。

自動化ゲート登録をしていればその先の出国手続きも直ぐです。帰国のときも自動化ゲートを利用すればあっという間ですので、

是非登録をオススメします。

日本出入国自動化ゲート申込手続きは簡単。成田・羽田空港事前登録場所とパスポート登録申請方法紹介。他の空港でも利用OK 顔認証より絶対おすすめです。

2019.01.19
スポンサーリンク

国際線ANA SUITE LOUNGE

スイートラウンジ利用です。

ラウンジ利用条件

利用条件はANAのページから転載いたします。

対象となるお客様

クラスサービスイメージ

1. ANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便をファーストクラスでご利用のお客様、およびANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗のご同行者1名様

クラスサービスイメージ

2. ANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便をご利用の、ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー 、およびANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便をご利用のご同行者1名様

※ANA「ダイヤモンドサービス」メンバーの2人目~4人目のご同行者様は、マイルまたはアップグレードポイントでラウンジのご利用が可能です。

ラウンジ所有者

ANA

サービス内容

シャワー、ビジネスサポート環境、新聞、飲食類などのサービス内容は、ラウンジにより異なります。

その他

ラウンジオープン時間
110番ゲート付近  5:00~25:00
114番ゲート付近  6:30~13:30 / 20:00~25:00 ※1
※1 2018年6月1日より「ANA SUITE LOUNGE(114番ゲート付近)」の営業時間を拡大し、夜間(20:00~25:00)のご利用も可能となりました。

・飲酒運転・未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
・ANA運航便をご利用の場合は2歳未満の幼児は、同行者としての数に含まれません。
・ご同行者につきましては対象となるお客様と同時にラウンジへご入室ください。
・ラウンジ入室の際にご搭乗券とマイレージカードを確認させていただきます。ご入室の際に予めお手元にご用意ください。

以上ANAからの情報でした。

ANAスイートラウンジ・入場

入り口は、通常のANAラウンジと同じです。

羽田空港国際線ターミナルラウンジ案内1 羽田空港国際線ターミナルラウンジ案内1

エスカレーターを上がり

羽田空港国際線ターミナルラウンジエスカレーター1

ANAラウンジの入り口へ。

スイートラウンジはは右です。

では、入ります。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ案内2

ANAスイートラウンジ内

ANAスイートラウンジ及びダイニングhのまとめ記事はこちら。

羽田空港国際線ANAスイートラウンジ利用記及びダイニングhレビュー。HANEDA Tokyo international airport ANA SUITE LOUNGE & DINING h Review

2019.02.06

この日は個室以外空いていました。ラウンジ券の流通が少なくなったというのも有るかもしれません。

シャワーは1時間待ち

家でシャワーを浴びて来たのですが、まだ利用した事の無いスイートラウンジのシャワーの利用を申し出ると、今回も1時間待ちとのこと。

シャワーは相変わらず混んでいます。

確かに夜便なので混んでいるとは思っていましたが想像の上をいっていました。

ANAラウンジでも同じくらい待つと思います。シャワーが利用したい方はサテライト側のラウンジが空いているとのことですので、

サテライト側に移動してシャワーを利用されることをお勧めします。

または、出国審査場通貨目の前にあるTIATラウンジ利用が良いです。コチラはプライオリティパスでも利用出来ないので、いつもゆったりしていて落ち着けますし、

シャワー待ちになった事が有りません。

特定のクレジットカードを所有すれば利用できるので、羽田国際線を利用する方には是非オススメしたいです。

羽田空港航空会社ラウンジが使えるエムアイカードゴールドを紹介。プライオリティパスでは利用出来ない(使えない)国際線TIAT LOUNGEをMI CARDで利用出来ます。

2019.02.08

ダイニングh予約

席に着き、シャンパンとダイニングh利用をお願いします。

ここで、ツイッターでお世話になっている方がANAラウンジにいらっしゃるという事でスイートラウンジにご招待。

既にサテライトに居るということで待ちます。

待っている間にシャンパンを飲んでいよう・・・と思ったら、ダイニングhに直ぐ案内できるとの事でダイニングhに移動。

待ちが無かったようです。そして利用人数を1名利用から2名利用に変更。

ラウンジ内も空いていましたし、ラウンジ券配布を絞った効果が出ているものと思われます。

スポンサーリンク

ダイニングh

合流する前に、シャンパンのお代わり。(ちょっと飲んじゃった後の写真)

マイラーさんと合流

待っていると扉の前に着いたという事で、迎えに行きます。

合流した方はゴウタロウさん(@ugoraba

https://www.goutaro.com/

挨拶を済ませ、始めましての乾杯。

同じ趣味の方とはめったにお会いする機会が無いからか、お話しが弾みます。

「金目鯛の煮付け」を注文

今回は金目鯛の煮付けを注文。

機内食を頂くため、ご飯抜きです。

やわらかく煮込まれていて、味付けも良くとても美味しいです。ステーキが有名ですが、他の食事も美味しいので是非試してみて下さい。

たくさんおしゃべりをし、搭乗時間が近づいたためサテライトターミナルに移動します。

スポンサーリンク

サテライトターミナルANAスイートラウンジ場所案内

先ほどのシャワーの項目でサテライトラウンジの事を紹介しました。

以前利用した内容ですが、コチラに記録として記載します。

クアラルンプール行きがサテライトターミナルから出発するときは、こちらサテライトターミナルに移動します。

これが結構歩くので、サテライトに移動する時は時間に余裕を持ったほうが良いです。

移動すると「ラウンジ」と書かれた案内が見えます。

羽田国際線 サテライト ラウンジ

ドアから入ると、サテライト側は各社のラウンジが一箇所に集まっているようです。

ANA・JALは勿論ですが、キャセイやTIATラウンジも有ります。

羽田空港 国際線 サテライトターミナル ラウンジ2

ではサテライト側ANAスイートラウンジに入りましょう。

羽田空港国際線サテライトターミナル ANAラウンジ

オーダーで作っていただく海鮮丼です。(今回は食べていません)

羽田空港国際線ターミナルサテライトANAスイートラウンジ1

以上が、サテライトラウンジの簡単な紹介です。こちらはサテライトだからかとても空いていますので、

シャワーがどうしても浴びたい方はコチラに移動して利用するのをオススメします。

では、今回の搭乗記に戻ります。

スポンサーリンク

搭乗

では搭乗です。

人数が思ったより多かったので、今回もダイヤモンド優先搭乗を利用します。

ここでゴウタロウさんとはお別れ。

145番ゲート

今回利用ゲートは145番ゲートです。

エスカレーターを下り、

ボーディングブリッジを渡り。

途中分岐路が有ります。今回はビジネスクラスの矢印方向に進みます。

では、機内に入ります。

ビジネスクラス座席

席はビジネスクラス、2C。ビジネスクラス左側前から2番目です。

ビジネスクラスシートは、自由な時間を思いのままに過ごせるシートです。
フルフラットシートで、好きな角度に調整できます。配置を互い違いにした、スタッガードシート配列を採用。どの席からでも直接通路に出ることができる、全席通路側スタイルです。
大型テーブルでパーソナルスペースもゆったり。読書灯、USBポート、ユニバーサル電源が付いており、オフィス環境も充実しています。個人モニターは、タッチパネル式の大型ワイドスクリーン。映画、ビデオ、ゲームなどを大きな画面でお楽しみいただけます。

(ANAページより)

スタッガードですので、隣の方を気にすることなく通路に出ることができますし、寛げました。

ビジネスクラスシート1 ビジネスクラスシート2 ビジネスクラスシート3 ビジネスクラスシート5

メニューとお水は搭乗時には用意されていました。メニューの間に挟まれている紙は食事のオーダー票。希望の機内食・食事したい時間等を記入します。

私は書く前に聞きに来ていただいたので書きませんでした。

ビジネスクラスシート4

USB電源・ヘッドホン端子・コンセント。

ビジネスクラスシート7

ビジネスクラス大型ワイドスクリーン。大型で映画などが見やすい。

ビジネスクラスシート8 ビジネスクラスシート9

ダイヤモンド優先搭乗時の写真ですが、最終的にはほぼ満席のビジネスクラスとなり、出発です。

ビジネスクラスシート6

機内食・飲み物

ビジネスクラスの機内食・飲み物を紹介します。

メニュー

前回からメニューが変わっています。

表紙・裏表紙

すみません。裏は撮り忘れました。

ビジネスクラスシート4

ドリンクメニュー

ビジネスクラスメニュー1 ビジネスクラスメニュー2

 

ビジネスクラスメニュー3

シャンパン・赤ワイン・白ワイン・日本酒・焼酎・梅酒・食前酒 & カクテル・ウィスキー&スピリッツ・ビール・ビールテイスト飲料・食後酒・ノンアルコールドリンク

ビジネスクラスですので、シャンパンが用意されています。ワイン・日本酒に関してもお酒好きが楽しめる品揃え。

ソフトドリンク・ノンアルコールも潤沢です。

食事・フードメニュー

ビジネスクラスメニュー和食5 ビジネスクラスメニュー和食6 ビジネスクラスメニュー和食7

アミューズ・和食・洋食・軽食が用意されています。

軽食は離陸後お好きなものをお好きなだけ頂くことができます。

メニューに追加された「築地銀だこたこ焼き」が気になります。

食事・ドリンク内容

シートベルトサインが消え、ドリンクサービス。

シャンパンの後は日本酒。

築地銀だこたこ焼き

日本酒とともに、気になっていた築地銀だこたこ焼きを頼んでみました。

ビジネスクラスメニュー軽食たこ焼き1

ソース・鰹節青のり。(かつおぶしと青のりは一つの袋に混ざって入っています)

ビジネスクラスメニュー軽食たこ焼き2

まさか機内でたこ焼きが食べられるとは思っていませんでした。機内ですので電子レンジで温めているのですが、

こういう所で食べるととても美味しいです。日本酒かビールが進む味。期間限定ですので対象期間に飛ぶ方は食べてみてください。

ビジネスクラスメニュー軽食たこ焼き3

ビジネスクラス食事・和食

到着前に食事が提供されるのですが、和洋食選択は和食を選んでみました。

食前に飲み物注文を聴きに来ます。シャンパンを注文。

では注文したビジネスクラスの食事です。

ビジネスクラスメニュー和食2
前菜
  • 金時草とどろ湯葉 銀餡掛け
  • 小鯛八幡巻き 海老 セロリ串打ち
  • 花豆蜜煮
  • 青海苔出汁巻き玉子
ビジネスクラスメニュー和食3
主菜
  • 目鯛の田楽
  • 俵ご飯
  • 味噌汁、香の物
ビジネスクラスメニュー和食1
フルーツ
ビジネスクラスメニュー和食4

和食ということで、見た目で想像できるお味で安心出来ました。とても美味しくお酒もススミます。

ちなみにコチラがプレミアムエコノミーの食事です。(以前の便)

こちらもとても良くて、鶏肉がとても美味しく、お酒によく合います。

お皿に盛ったらビジネスクラスで出しても良いくらい美味しかった。

プレミアムエコノミー食事2

アミューズを頼み、お酒を嗜んでいるとベルトサイン。

クアラルンプールに到着しました。

SIM2FLYはすでにセットしてあるので、スマホの電源を入れ電波を拾うのを待ちます。

SIM2FLY

私がいつも使っている格安海外SIMのまとめはコチラです。

AIS SIM2Fly 利用記まとめ。日本で購入から利用開始方法(使い方)。トップアップ(チャージ)から再パッケージ(プラン)購入まで。SIMの再利用

2018.07.21
スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港、動画で到着から入国・各種移動まで紹介。

ここで、降機から入国まで動画を撮りましたのでご覧ください。

写真では細かく載せても時間や動線が上手く伝わらないなーと思い、動画を撮ってきました。

長くなるので4つに分けています。

また、所要経過時間も伝えたいためモノレールに乗っている所も編集無しです。

降機からターミナル移動モノレールまで

ANA・JALなどはサテライトターミナルを利用します。入国審査(カスタム)はメインターミナルとなりますので、

サテライトからメインターミナルまでモノレールで移動するのです(バスで移動することも有ります)。

モノレールはサテライトセンターサークルまで行けば分かります。

見つからなくても、センターサークルを回れば必ずモノレールを見つけられます。

(こちらがサテライトターミナルのセンターサークル)

羽田-クアラルンプールANAプレミアムエコノミー搭乗

モノレール移動からメインターミナル入国審査場まで

サテライトモノレール乗り場からモノレールでメインターミナル入国審査場に移動します。

モノレールは2路線有りますがどちらに乗っても同じ場所に行きますので安心してください。

乗っている時間もお伝えしたいので敢えて編集していません。入国審査場手前で向かって右にSIM売り場が有りますので、

用意していない方はこちらで購入も可能です。

入国審査後からターンテーブル荷物受け取りまで

入国審査が終わったら、預入荷物を受け取ります。

いくつかターンテーブルが御座いますので、掲示板で確認をします。

荷物受け取りから制限エリア外まで

荷物を受け取ったら制限エリア外に出るだけです、途中荷物検査が有りますが基本日本人はスルーで大丈夫です。

通そうとしても、通さなくて良いと言われます(笑)。

これにて無事入国です。

動画で見ると動線が結構簡単なのがわかると思います。

クアラルンプール国際空港入国・出国の流れをまとめた記事はコチラです。

クアラルンプール国際空港の入国・出国審査手続き・移動方法を動画と写真で紹介解説。Kuala Lumpur KLIA1 KUL international airport immigration custom

2018.07.17

今回、日本でSIMのパッケージを購入「タイ隣国限定のパッケージ」を購入。

このパッケージ利用記はコチラです。

格安7日間340円。AISプリペイドSIM(SIM2Fly)タイ隣国用パッケージレビュー・購入利用記。トップアップすればSIM再利用パッケージ再購入出来ます。

2019.01.19

SIMに関してはコチラに詳しく書きました。

AIS SIM2Fly 利用記まとめ。日本で購入から利用開始方法(使い方)。トップアップ(チャージ)から再パッケージ(プラン)購入まで。SIMの再利用

2018.07.21

無料シャトルバスでKLIA1からKLIA2に移動を動画で紹介

入国し、ゴウタロウさんは直接ホテルに行くということで、ここでお別れ。(そして、後で又合うのでした)

私はこの時はヒルトンクアラルンプールに宿泊しましたが、KLIA2のアライバルラウンジを利用するため、

無料シャトルバスでKLIA2に移動します。

入国ゲートから無料シャトルバス乗り場までの動画です。手荷物が少なかったのでエスカレーターで向かいます。

動画を見ていただければ分かると思いますが、コチラの動線も簡単です。

バスが着たら特に受付とかありませんのでそのまま乗りましょう。

 

KLIA2に到着後プラザプレミアムラウンジに向かいます。アライバルラウンジとして利用できるのでとても助かります。

コチラの行き方はちょっと分かりにくいのですが、ノーカットで動画を撮りましたので、このまま移動していただければ大丈夫。

午前6時30分ころに利用しましたが、結構賑やかで人々が歩いていますし、途中のモールはこの時間でも営業しています。

さすが24時間営業のKLIA2です。

KLIA2への無料バス移動。アライバルとして使えるプラザプレミアムラウンジ。KLIA2からバスでKLセントラル駅まで移動はこちらの記事をどうぞ。

無料シャトルバスでKLIA・KLIA2間移動方法・行き方紹介。クアラルンプール国際空港。動画と写真で簡単レビュー。 KLIA KLIA2 FREE shuttle bus Kuala Lumpur

2019.01.23

到着時に利用可能。KLIA2プラザプレミアムラウンジ(アライバル)利用記(写真でレビュー)。 マレーシア・クアラルンプール arrival Malaysia Kuala Lumpur KLIA2 plaza premium lounge

2019.01.25

KLIA2からKLセントラル駅までバス利用方法を動画と写真で紹介。チケット販売場所・購入方法・移動の仕方レビュー。クアラルンプール国際空港。分かれば簡単お得格安です。 BUS KLIA2 Kuala Lumpur KLcentral station

2019.01.27

KLIA(ANAやJALが到着するターミナル)からKLセントラル駅までバス移動はコチラの記事をどうぞ。

クアラルンプール国際空港KLIA1からKLセントラル駅までの行き方・バス編。分かれば簡単。お得格安・チケット売り場までと購入方法、動画と写真で紹介。 KLIA Kuala Lumpur KLcentral

2018.07.08

KLIA1からになりますが、KLIAエキスプレスでの移動の仕方はコチラ。

クアラルンプール国際空港(KLIA1)からKLセントラル駅までの行き方・KLIAエクスプレス。クレジットカードで切符買い方・利用乗り方を写真で紹介。(片道・往復) masterCard KLIA Ekspres Kuala Lumpur

2018.05.05

KLIA2のプラザプレミアムラウンジに移動し、朝食とビールを頂きます。落ち着けるので移動の疲れが取れて良いです。

KLIA2プラザプレミアムラウンジからKLセントラル駅行きバスに乗るまで動画で紹介

一休みした後、KLIA2からバスでKLセントラル駅まで移動します。バス代は12リンギ。KLIA1からも同額で移動でき、とても安いので是非利用してみてください。

プラザプレミアムからバスチケット売り場まで

こちらはちょっと分かりにくいですが、事前に動画見ていただければ大丈夫。現地にも案内が有りますから確認しながら移動すれば迷わないと思います。

バスチケット売り場からバス乗り場まで

チケット売り場の後ろを出たところがバスターミナルです。

こちらで行き先のバスに乗れば大丈夫。どのバスに乗れば分からなくても係の人にチケットを見れれば教えてくれます。

バスに乗り、KLセントラル駅まで移動し、

熟睡でKLセントラル駅に着いたときに起き、ヒルトンクアラルンプール にチェックインしたのでした。

撮影はスマホのみ

去年から前回の旅行までの写真は、HUAWEI P9を利用していましたが、今回から写真も動画もHUAWEI P20 PROを利用。

色乗りや階調の進化にビックリ。

P20 PROはドコモ版をシムフリーにして利用しています。

ドコモスマホをSIMフリーにする方法の紹介はコチラ。

手数料無料。ドコモiPhone・スマートフォンSIMロック解除簡単手続き方法。海外旅行でとても便利。SIMフリー

2018.01.26

SIMフリーの仕方が分からない・ちょっと不安という方。

SIMフリーのスマホを購入するなら秋葉原のイオシスさんがオススメです。私はいらなくなったスマホを売ったり、欲しいスマホを買ったりしています。

SIMフリースマートフォン販売のイオシス

 

お手軽に写真を撮りたいので、旅行の写真はスマホ撮影。色調整トリミングもしてしていません。今までの旅行記・ホテル宿泊記も全部スマホ撮影です。

さっと出して直ぐ撮れるし荷物を出来るだけ軽くしたいというのが本音です。

スポンサーリンク

マイル・プレミアムポイント

獲得マイル

クアラルンプールから羽田までビジネスクラス利用:加算マイル4172・ダイヤモンドステータスボーナスマイル5007:合計9179マイル

9179マイル獲得

ダイヤモンドステータスのボーナスマイル凄すぎます。加算マイルと合わせて、国内特典航空券が発行できるマイル数が獲得できました。

総合計獲得マイル:35189マイル

獲得プレミアムポイント

クアラルンプールから羽田までビジネスクラス利用:6658プレミアムポイント。

6658プレミアムポイント獲得

総合計プレミアムポイント:27351プレミアムポイント

ダイヤモンド継続まで、残り72649プレミアムポイント

クアラルンプール到着後確認すると、すでにプレミアムポイントは加算されていました。

ANA プレミアムポイント

ANAは相変わらず反映が早いです。

スポンサーリンク

おわりに

クアラルンプール海外発券のビジネスクラス往路を利用して、復路便をこなしました。

ANAスイートラウンジの空き加減にはビックリ。シャワーは相変わらず混んでいるのが悩みどころ。

いつもの楽しいマレーシア旅行。KLIA2への無料バスでの移動。アライバルラウンジでゆっくりし、バスでKLセントラル駅まで移動。

相変わらず現地の言葉は喋れないので、笑顔と度胸で何とかしてます(笑)。

次は

【ブロンズ達成】クアラルンプール海外発券プレミアムエコノミー予約アップグレードポイント利用ビジネスクラス、クアラルンプールー羽田搭乗記。

またまたビジネスクラスレビューの予定です。

【アップグレードポイント利用ビジネスクラスレビュー】ANAクアラルンプール-羽田・ブロンズ達成搭乗記。2019年ANAダイヤモンド(プラチナ)10便目4月14日。海外発券KUL-HND往路日中便

2019.04.28

【2019継続】2018年ANAダイヤモンド(DIA)取得記。修行計画・海外発券・費用・路線・PP単価。まとめ。

2018.09.18

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※メールアドレスは管理人、及び他の訪問者には知られません。購読の解除も簡単にできます。

1,055人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

nanatabiTV
youtubeに旅行現地情報やホテル部屋の案内を載せています。
チャンネル登録をどうぞ。

Twitter・Facebook
緊急的な情報や記事にするほどでも無いかな?という情報。旅行リアルタイムも発信しています。

こんな記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください